Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

エピデミックのなかで、日本では憲法改正の呼びかけが高まっている

与党自由党と野党の一部の党員は、コロナウイルスの流行などの緊急事態に備えて日本をより良く準備するために憲法を改正するよう求める声を強めている。

秋までに行われる衆議院の次の選挙に先立ち、危機管理と憲法改正へのコミットメントを示すことを目的としています。

政府と自民党内では、ウイルスに対処するためにこれまでに取られた措置の限られた効果に不満があるようです。

対照的に、日本の主要な反対派である民主党などは、憲法改正の口実としてコロナウイルス危機を利用しようとしていると彼らが見ているものを批判している。

5月3日、東京で開かれた憲法改正を支持する公開会合で、下村博文自民党政策研究評議会議長は、緊急事態に対処するための憲法規定の必要性を強調した。 「医療システムが非常に悪い場合、COVID-19患者専用の病院を設立する必要がありますが、それは現在の計画では不可能です」と彼は言いました。

同じ会議で、野党の日本維新の会の足立康史は、法的根拠がないにもかかわらず、一部の州知事によって宣言された非常事態に焦点を当てた。 状況が見過ごされれば、「権利と自由の制限は少しずつ変わるだろう」と彼は言った。

別の野党民主党の山尾志桜里氏は、木曜日に衆議院の会合で、規則を事前に定めるべきだと語った。

憲法改正の議論の前提条件である国民投票法改正法案は、火曜日に衆議院を解散し、6月までの通常の議会会期中に実施される予定である。

法案の支持者たちは、これが憲法改正に関する本格的な議論の火付け役になると信じており、国民は一度に緊急事態に焦点を合わせて憲法を改正することに関心がない。

菅義偉首相は金曜日の記者会見で、緊急事態への国民の関心が高まり、私的権利の制限が指摘されたと語った。

欧米では、エピデミックを制御するために、ロックなどのより多くの制御手段が実装されています。 一方、自民党の高官は、国の緊急事態において人々が本質的な目的のために外出するのを防ぐための当局の勧告は、単に要求と拘束力の欠如であると述べた。

一部の野党勢力は憲法改正に反対している。

「(政府の政治的決定のために)必要な対策を講じることができないことは、月曜日の憲法制定キャンプ会議でCDPリーダーの江田幸雄氏が言ったことです。「憲法を非難することは許されません。」

日本共産党の党首である獅子和夫氏は、医療制度は崩壊の危機に瀕していると述べた。 「混乱を利用して憲法を改正することは、火事で略奪するようなものだ」と彼は言った。

与党連立内にも慎重なコメントがあります。

「問題は、政府が効果的な行動をとることができなかったことである。問題が憲法に移された場合、国は危険な方向に進むだろう」と自民党の高官は述べた。

自民党のジュニア連立パートナーであるコミトの高官は、「緊急事態への対処とコロナウイルス危機への対応における(憲法上の)部門は別の問題であり、さらに急ぐ必要はない」と述べた。

誤った情報と過剰な情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  IARシステムズが原部かすひさを日本の新しいカントリーマネージャーに任命