Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

エベレストコビッドの事件は、ネパールが山を開くという決定に厳しい光を当てました。 ネパール

Covid-19の最初の症例は、エベレストベースキャンプで確認されました。エベレストベースキャンプは、以前の決定についての論争を新たにしました。 ネパール 登山者のために世界で最も高い山のロックを解除します。

エベレストの中国側からのアクセスは屋外の登山者に閉鎖されており、ネパール側の一部の遠征事業者は価格を上昇させており、世界的大流行の真っ只中にあるネパールの決定は精査されています。

もともと、ノルウェーの登山家アーリンド・ネスは肺水腫を患っていると考えられていました -高山病に関連する事件-そして彼はヘリコプターでカトマンズに避難し、そこでCOVIDの検査で陽性となった。

「私の診断はCovid-19です」とニースは言いました。 「私は今元気です…病院が(私を)世話しています。」

ニースは、エベレストベースキャンプで過ごした後、ヘリコプターでゲレンデから避難し、カトマンズの病院に運ばれました。 ノルウェーの放送局NRKは、彼の党でのシェルパのテストも肯定的だったと報告した。

「他の誰も負傷しないことを本当に望んでいます…山の高いところです。」「8000メートルを超えるとヘリコプターで人々を避難させることは不可能です」とネスはNRKに語った。

「高地では呼吸が非常に難しいため、登山者の間で病気が発生すると、緊急の健康リスクが発生します。」

ネスは、ノルウェーを離れる前とカトマンズで検疫中に、山に向かう途中でコロナウイルスに感染するリスクを回避するためにベースキャンプにすばやく行ったときに、テスト結果が陰性だったと付け加えました。

「私たちが感染しないように、山に急いで登る計画でした…私は幸運ではなかったので、健康上の予防策に関してはもっと自分でやることができたでしょう」とニースは語った。

一部の欧米の商業クライミング会社は、コロナウイルスへの懸念から今年の旅程をキャンセルしましたが、カトマンズに拠点を置く数社を含む他の会社は、今シーズンの計画を進めています。

ネパールは、登山者がエベレストベースキャンプに移動する前に検疫に行くことを主張していますが、特にCovid-19の症状は、ニースの場合と同様に、高山病と簡単に混同される可能性があるため、規制の曖昧さについて懸念を表明するオブザーバーもいます。と感染の影響についての懸念。山の高い。

今週初め、彼のブログでエベレストの取り組みを記録しているアラン・アーネットは、ベースキャンプでの活動の増加について書いています。

「エベレストベースキャンプはすぐにいっぱいになります。シェルパはキャンプ1と2の作成と保管に忙しいです。これまでのところ、固定ロープが標高24,000フィートのイエローバンドに設置されています。前述のように、ハイカーが数人います。今年の春なので、話を聞いた人はカフェやトレイルを気軽に楽しめます。」

外部の雑誌は、今週初めに初めてコロナウイルスの症例を報告し、ヒマラヤ救助協会のボランティアであるSangeetaPoodleにインタビューしました。

「もちろん心配です… 地震 プードルは言った。

AsianTrekkingのDawaStephen Sherpaは、ベースキャンプの全員が心配していると言いました。 ネパールは今年、山に登るために377の許可を発行し、最終的な数は2019年に提供された381を超えると予想されています。

READ  ベルリンでは賃貸料の上限は違法です..ドイツの最高裁判所の規則ドイツ