Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

エレクトロルートがソーラーバランス契約で日本に参入-更新

エレクトロルートは、姉妹会社であるMC Retail Energyと日本のエネルギー市場の企業バイヤーとの間で電力購入契約(PPA)を締結しました。

アイルランドのインフラストラクチャと専門知識を使用して主に管理されているソーラーバランス契約の下で、Electro RootMCは小売エネルギーを通じて太陽エネルギーの購入を効果的に可能にします。

Electro Rootは、姉妹会社の均衡コストを保護します。

エレクトロルートは、日本が2030年と2050年の再生可能エネルギー目標を達成するために動いたとき、この取引は多くの可能性のある最初のものであると述べた。

ElectroRouteのCEO兼共同創設者であるRonanDohertyは、次のように述べています。

「とはいえ、アイルランドの需要の34倍であり、日本は再生可能エネルギーへの投資を増やしています。これには、最も野心的な気候保証を達成するために過去10年間に実施した国際的な専門知識が必要です。

「この主要企業であるBPAでMCREをサポートできることをうれしく思います。」

エレクトロルートは2020年後半に日本市場への参入を発表し、創設者のエモン・オドノヒューが東京に移転しました。

同社は、ダブリンにあるElectro Root Core IDサイトを使用しています。このサイトでは、ソーラーサイトの「クリティカルおよび機械学習予測」を使用して、日本の電力市場におけるポートフォリオのリスクリスクを管理しています。

エレクトロルートは、合計1.4GWのエネルギー資産の取引サービスを提供しています。

オドノヒュー氏は、「日本はすでに太陽光インフラの世界的リーダーであり、再生可能なすべての機会を最大限に活用するための競争として、企業が適切に投資したのはこれが初めてです」と述べています。

「私たちは太陽光発電の企業投資と風力発電の大幅な拡大を期待しています。私たちの顧客ベースは、彼らが必要としているものを私たちに伝えているだけです。

READ  日本水産は「総選挙」を実施