Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オッペンハイマーが日本最終市場に出店

オッペンハイマーが日本最終市場に出店

オッペンハイマーが劇場公開されてから 8 か月以上 (そしてオスカー作品賞受賞) が経過した今でも、クリストファー・ノーランの歴史大作は新たな観客を獲得しています。

この映画は週末、最後の市場である日本で343の劇場で250万ドルを動員して公開された。 ホラー映画『奇妙な家』とアニメ映画『ハイキュー!!』という2本の国内ヒットに続き、国内興行収入ランキングで3位にランクインした。 ユニバーサル・ピクチャーズによると、『オッペンハイマー』は、日本でのハリウッド公開作品としては、『アクアマンと失われた王国』(160万ドル)や『デューン:パート2』(130万ドル)を上回り、2024年の日本公開作品としては最大の週末オープニング成績となるという。

これらのチケット販売のおかげで、「オッペンハイマー」は全世界で 9 億 6,500 万ドルの収益を上げました。 これは、主に研究室やアメリカ政府の庁舎を舞台にした R 指定の 3 時間ドラマとしては驚異的な数字です。 興行収入に加えて、この1億ドルの映画は最優秀作品賞と最優秀監督賞を含む7つのオスカー賞を受賞した。

アメリカ製の映画が、北米での公開から数か月後に日本で公開されることは珍しいことではありません。 しかし、オッペンハイマー監督の公開前には、そもそもこの映画が日本で公開されるかどうかについての憶測が流れていた。 アメリカの理論物理学者J・ジョンソンを追ったこの映画の主題を考えると、日本では物議を醸している。 原爆製造を主導したロバート・オッペンハイマー(キリアン・マーフィー演じる)。 これらの大量破壊兵器は1945年に広島と長崎で爆発し、数十万人の日本国民が死亡した。

ハリウッド映画の大部分を日本で公開している配給会社東宝東和は、「オッペンハイマー」からオプトアウトした。 昨年12月にビターズ・エンドが「数か月にわたる綿密で適切な対話を経て」この映画を取り上げるまで、この映画は日本に公開されないと思われていた。 ビターズ・エンドは以前、オスカー賞を受賞した映画『パラサイト』の日本公開を手がけ、現在はオスカー賞にノミネートされた映画『パーフェクト・デイズ』を日本で上映中。

ノーラン監督のこれまでの映画と比較すると、『オッペンハイマー』の初回チケット売り上げは、『インターステラー』、『バットマン ビギンズ』、『ダンケルク』、『ダークナイト』よりも高かった。 『ダークナイト ライジング』や『テネット』と同等。 ユニバーサルによれば、導入部の同じ箇所には「インセプション」という言葉が付けられているという。 『インセプション』は同監督の日本での最高興行収入4,200万ドルの映画であり、最新作2作『テネット』と『ダンケルク』は国内の映画館でそれぞれ2,500万ドルと1,480万ドルの興行収入を記録している。

READ  今朝のフィリップ・スコフィールドは、後任が確認されたため、数週間行方不明になります