Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オランダから日本へ: スポーツを通じて包括性を促進する取り組み。 リタ・ファン・ドリエルは東京の足立パビリオンの施設に専門知識をもたらします

オランダから日本へ: スポーツを通じて包括性を促進する取り組み。 リタ・ファン・ドリエルは東京の足立パビリオンの施設に専門知識をもたらします


日本のニュース
3月14日、東京・足立区にある精神障害者支援施設を訪れるリタ・ファン・ドリエルさん。

障害のある人とない人がスポーツを通じて交流する共生社会を推進するオランダの取り組みが、日本社会にも浸透し始めている。 オリンピックイヤーとなる今年、足立館では、障害者の社会参加促進を目的に、オランダから専門家を招き、パビリオン内の支援施設と連携してパラスポーツに関するワークショップを開催しました。

3月14日、元国際パラリンピック委員会理事のリタ・ファン・ドリエル氏が東京・足立区の精神障害者支援施設を訪れ、社会復帰プログラムの参加者らと面会した。 参加者の一人が「最近、フィットネスを向上させて体重を減らすために有酸素運動をしている」と言うと、ヴァン・ドリエルさんは「それは素晴らしいですね!」と答えた。 あなたは今、自分のために何をしなければならないか知っています。」

ファン・ドリエル氏によると、オランダでは、精神的健康上の問題で休暇をとらなければならない場合、社会復帰への第一歩として運動をするのが一般的だという。 スポーツでスキルを向上させ、目標を達成することが自信を高め、社会復帰の準備に役立つと彼は信じています。

足立区にある施設は、精神障害のある人が簡単な作業訓練やパソコン教室などを通じて社会参加の準備を支援し、就労支援も行っている。 ヨガや卓球のプログラムの提供、ボッチャやコーフボールなどのパラグライダー体験の開催など、スポーツ関連の活動を増やし続けている。 施設担当者は「普段は体を動かす機会が少ないが、今回のイベントでは普段の活動では見られない生き生きとした表情が見られた」と話す。

革新的なプロジェクト

足立区のパラスポーツ推進の取り組みは、オランダオリンピック・パラリンピック委員会と日本スポーツ振興センターとの協力枠組み「ゲームチェンジャープロジェクト」に基づいています。 同プロジェクトは、スポーツを通じた障害者との交流に長年取り組んできたオランダに助言を求め、障害者が参加しやすい社会制度づくりのヒントを得ようとするもの。

区はファン・ドリエルさんを何度かこの地域に招き、スポーツイベントの運営方法についてアドバイスを受けたり、障害者が参加できる他のスポーツについて学んだりしてきた。 また、オランダのメダリストやパラリンピック選手を地元の小学生のスポーツイベントに招待した。

同課の担当者によると、どのような活動があるのか​​、どこで参加できるのかが分からず、運動をしたくても始められない障害者も多いという。

この課題を解決するため、足立区は2020年に区役所内に「スポーツコンシェルジュ」を設置しました。区の担当者が障害のある方に適したスポーツを相談し、区内で活動する適切な団体の情報を提供します。 。 「このサービスは日本でも前例のないもので、ヴァン・ドリエルさんのアドバイスのおかげで実現できました」と足立区スポーツ推進課の橋本忠之氏は語る。

今年、職員らは区内各地の地域社会や障害者を含むスポーツチームから直面する問題について聞き始めた。 同本部は意見を踏まえ、パラグライダースポーツの活性化に向けた行動計画を策定する。

「小さな調整で社会は変わる」

「単純なルール変更やほんの少しの調整で、より多くの人々がゲームに集まります」とヴァン ドリエル氏は言います。「それはコミュニティにも当てはまります。」

たとえば、ヴァン・ドリエルさんは、数年前に東京で行われたスポーツイベント中に、腕のない少年がバレーボールのトライアウト会場で列に並んでいるのを目撃した。 スタッフがどうしたらよいか戸惑う中、彼女は彼をコートに招き入れ、ネットの高さを下げ、ボールを通常のバレーボールよりも弾むボールに変えた。 このように、少年が肩や頭でボールを受け取ると、ボールはよりよく弾み、相手のコートに入りやすくなります。 「障害のある人々がどのように養子縁組をできるかを考えることで、私たちは創造的になることができます」とヴァン・ドリエルは言います。

ファン ドリエル自身も、約 30 年前、オランダ スキー連盟で働いていたときに「状況を変える」経験をしました。 彼女はパラリンピック出場を希望するブラインドクロスカントリースキー選手からの要望に応えながら、創造性を学んだ。 この経験が現在の活動のきっかけとなった。

ヴァン・ドリエルさんは、これまでの日本での活動の中で、日本人が他人に配慮しすぎて、障害を持つ人々と話すことさえ躊躇する傾向にイライラすることがあったと語る。 ヴァン・ドリエルさんは日本での活動を通じて、まず障害のある人のニーズを知り、そのニーズを満たすために何ができるかを考えるために、積極的に質問するよう人々に繰り返し促した。

ヴァン・ドリエルさんは、安達パビリオンでの仕事の成果について、「障害のある人々のためにスポーツをもっと活用する方法を真剣に考えている」と信じています。 当初は区役所内のスポーツ関連部署のみに交流があったが、現在は福祉や教育の各部署も参加し、各部署で何ができるかを話し合う。 「日本で何が起こるか楽しみにしています」と彼女は語った。

READ  モイーズ限定:この夏、ウェストハムで大きな変化が起こります