Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オリンピックとワクチンの進歩により、日本の支出は不均一になります

東京-白橋三一郎にとって、現在、家のような場所はありません。

東京がオリンピックを主催した最後の(そして最初の)1964年、当時学生だった白橋はほとんど家にいなかった。 彼は、何千人もの外国人観光客を魅了し、世界の注目を集めた街をさまよう興奮を感じたことを覚えています。

今回は、2021年のほとんどが非常事態宣言であった東京では、オリンピックの観客は実際には許可されていません。74歳のオリンピックは、「他の場所で開催される他のゲームと同じように感じます」と語っています。

しかし、白橋氏は自宅でオリンピックを観戦することに喜びを感じ、菅義偉首相は人々に滞在を求め、初のフィギュアスケート競技会で日本が2つの金メダルを獲得した方法を「素晴らしい」と説明した。

「今のところ、時間を過ごすための最良の方法は、家でテレビを見たり、ビールを飲んだりすることです」と彼は言います。

完全ワクチン接種を受けている白橋には、家にいる仲間がたくさんいます。 ビデオリサーチによると、世帯はオリンピックの開会式を56.4%で視聴し、人気のテレビドラマ半沢直樹を30%強で簡単に上回りました。 率は、リアルタイムで放送を見た世帯を反映しています。

8月2日のオリンピックスタジアムでは、選手たちが激しく競い合います。 (写真提供:山本浩史)

白橋はまた、完全にワクチン接種された老人であることに多くの仲間を持っています。 菅氏は金曜日、7月末には高齢者の80%が完全にワクチン接種されると予想されていると述べた。

しかし、ワクチン接種を受けた若い日本人ははるかに少なく、経済成長の障害であり、菅が「通常の安全な生活」と呼ぶものの再開を妨げています。 そして、今年の東京で4回目の緊急事態が発生し、面積と長さの両方が拡大したため、観客と事業の縮小が見られないということは、日本の約半分を占める長期にわたる生ぬるい消費をゲームが後押しできないことを意味します。 国内総生産。

消費の増加に対する日本の期待を苛立たせているのは、特に緊急事態にある東京や他の地域では、日本が通常の安全な生活に到達するにはほど遠いという事実です。 オリンピック前に始まった(そして地理的に拡大した)現在のサイクルである東京の4番目のサイクルは、当初の8月22日の締め切りから8月31日まで延長されました。

東京に本拠を置く第一生命研究所のチーフエコノミストである長浜敏博氏は、個人消費は9月以降に回復し始めると予想していますが、それはワクチン接種に依存し、感染と貿易制限が少なくなります。

政府によるメガスポーツイベントへの日本の慎重なアプローチは、菅がアジアで2番目に大きな経済を後押しするのに役立っていません。 日本の予防接種率は大幅に改善されましたが、経済活動は通常とはほど遠いものです。

7月23日から8月8日までのオリンピックを含む期間の家計消費の高さに関するデータは、少なくとももう1か月は利用できません。 6月の消費データは金曜日に発表されます。

6月の小売売上高データはすでに発表されており、日本は前年比0.1%のわずかな増加でした。 同じ月に、中国は12.1%の増加を記録しましたが、米国は18.0%の増加を記録しました。

COVID-19が世界に打撃を与える前でさえ、日本の個人消費は、2019年10月に政府が消費税を8%から10%に引き上げたために落ち込みました。

愛知県では5月に予防接種を受けるのを待っています。 (写真:中尾友紀)

通常のパンデミック前の年には、家族の自宅旅行が多いため、7月と8月に個人消費がいくらか押し上げられます。 しかし、緊急事態では、白橋のように多くの人がどこにも行かなくなりました。

しかし、市民が「本質的でない、本質的でない」旅行を避けるように政府が要求しているにもかかわらず、旅行を計画している人もいます。 多くの訪問者の親戚や先祖代々の墓地である8月6日から8月15日までの全日本空輸(ANA)国内線の予約は、緊急事態が発生しなかった前年より30%増加しました。

非常事態下では、レストランは午後8時に閉店し、アルコール飲料を提供しないように求められました。 日本の非常事態宣言の規定は、一部の国の規定とは異なり、違反者に罰則を課す命令ではなく、COVID-19を封じ込めるための変更を求めるものです。 しかし、当局は個人ではなく一部の企業に罰金を科すことができ、最初のケースのように見えるが、東京都は7月に午後8時以降も営業を続けたとして4つの企業に罰金を科したと発表した。

緊急時、東京のレストランの通りはほとんど空っぽです。 (写真:小原裕貴)

しかし、彼らのビジネスへの大きな圧力と不十分な政府の支援に直面して、多くのレストランは注文を聞くのをやめました。 東京の500軒のレストランを調査した日経の調査によると、当局の要請により、半分は午後8時に閉店しなかった。 (一方、日経調査の結果では、53%の回答者が緊急時にレストランでのアルコール飲料の提供を制限することは「正しい」または「不十分」であると感じていました。しかし、39%はそのような制限を「非常に厳しい。”

会計では、高所得の日本人の消費がいくらか増加しています。 6月には、フェラーリやベントレーを含む6つの最も高価な輸入車ブランドの売上高が1988年以来最高でした。高級ブランドやジュエリーなどのアイテムはデパートで売れ行きが良いようです。 日本の百貨店、高島屋の広報担当者は、VIP顧客からの高級品の需要と店外販売は「COVID-19の影響をあまり受けない」と述べた。

人々は7月に東京で地下鉄に乗るのを待ちます。 (写真:小林健)

民間シンクタンクであるNLI研究所の上級アナリストである古賀直子氏は、パンデミックが若くて契約外の従業員を襲ったため、雇用の改善と将来の楽観的な見方が消費の継続的な成長に不可欠であると述べています。

Kojaは、COVID-19感染が増加すると消費量が減少する傾向がある、またはその逆であると述べましたが、一般的にCOVID以前のレベルを下回っています。 昨年と比較して、エピデミックによる消費への影響はより穏やかです。 その理由の1つは、配送サービスなどの家庭のニーズに対する市場が存在することです。 電子情報技術産業協会によると、1月から6月までの薄型テレビの国内出荷台数は前年比20%増となった。

確かに、ワクチン接種は遅いスタートの後に増加しました。 菅は1日100万回の服用という約束を果たしました。 しかし、まだ長い道のりがあり、人口の約38%だけが少なくとも1回のヒットを受けています。

オリンピックへの出席を阻止するという菅の決定は、6月にすべての経済活動を再開した英国のボリス・ジョンソン首相の決定とは著しく対照的でした。 延期されたEuro2020サッカートーナメントは7月11日にロンドンで開催され、90,000議席の75%を占めました。 見物人は、入り口でコロナウイルス検査がなかったことを証明するように求められました。

決勝戦は、英国で1日あたりの新規感染数が30,000に達し、1日あたりの死亡数が20以内にとどまったために開催されました。

それ以来、英国の入院患者の数は、感染した患者の数とともに増加しています。 ジョンソンの決定をめぐる論争は英国でも続いており、完全にワクチン接種された人々に対するコロナウイルス感染に対する注意と懸念が支配しています。

日本政府の行動変容の呼びかけを避けた人もいれば、それに応じた人もいます。 “私は怖がっていた [of COVID-19] 最近、東京のコンビニエンスストアで買い物をしている74歳の女性は、「最初は何が起こっているのかわからなかったので、今はそれほど恐れていません」と語った。 しかし、名を挙げただけの和代さんは、「他の人と違う行動をとるべきではない」とコメントし、まだ旅行はしないと語った。

日本にとって重要な問題は、ワクチンを接種する意思のある人が十分にいるかどうかです。 国際医療福祉大学の和田光司教授の調査によると、回答者の40%以上がすぐにワクチン接種を受けたくないと答えました。 多くの人が副作用に警戒し、他の人はパンチの有効性に懐疑的でした。

完全にワクチン接種された人々の中には、旅行や友人との出会いなど、ワクチン接種を受けていない人々に適用されるのと同じ制限に遭遇することへの欲求不満があります。

東京で定期的にグループ活動のために高齢者が訪れるケアセンターを運営している菅恵子さんは、9月3日から4日に完全にワクチン接種された介護者と高齢者のために以前と同じように睡眠キャンプを希望していました-そしてそれは危険にさらされています「非常事態宣言を維持するのは不適切だと思われる」のように。

日本での毎日の感染は数千人、英国では数万人未満であることを考えると、日本の国民は彼らの活動に非常に慎重でした。

英国との主な違いの1つは、予防接種の適用範囲です。 英国はすでに人口の大部分に2回のワクチン接種を行っています。 日本はファイザーとモダーナのワクチンを使用しています。 7月、日本の予防接種は供給を上回り、政府は予防接種を遅らせることを余儀なくされ、国民の不満を煽った。

菅義偉首相は7月30日、パンデミックに対する日本の対応についてマスコミに語った。 (写真提供:葛西宇一郎)

不安と非準拠の両面で、菅の経営陣は批判の対象となってきました。 世論調査では、菅政権への支持は、9月の就任以来初めて7月に30%の範囲に落ちた。

緊急事態などの重要な決定は、「医学的リスクと経済的リスクの比較に基づいて行われるべきであり、これは市民に伝えられるべきである」と東京市環境学情報学部の廣田宗美教授は述べた。大学。

廣田氏によると、これまでのところ、専門家は一貫して健康リスクを報告しているが、経済的リスクは十分に一般に説明されていない。 「政治家が比較に基づいてどのように決定を下したかは明らかではない [of health and economic factors]これは自信の欠如につながったと彼女は言い、多くの日本人は「高齢化社会における生と死に影響を与えるリスクに敏感である傾向がある」と付け加えた。

廣田彩氏は、「危機的状況を考えると、完全な正解はなく、英国の集団免疫戦略などの誤りがあるかもしれない」と示唆した。 国民の信頼を勝ち取るためには、菅氏は「国民が理解できるように合理的な決定を説明し、その決定を全力で進めなければならない」と述べた。

READ  台湾はフィリピン、インドネシア、日本から輸入されたコロナウイルスの7例を記録しています| 英文台湾日報