Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オリンピックのロックアウトの最中に日本でウガンダの重量挙げが行方不明

東京-東京オリンピックに出場することを期待して日本に行ったウガンダの重量挙げ選手が、陸上競技の合宿近くのホテルから行方不明になった、と当局者は金曜日に言った。

西日本の大阪府の町、いすみざのに住むウガンダの住民9人のうちの1人、ジュリアス・セシトレゴさん(20)は、6月中旬から正午までコロナウイルス検査に失敗した際に行方不明になっている。

オリンピックの主催者は、大会に参加するすべての人を「バブル」に陥らせ、国内にいる間はコロナウイルスの拡散を防ぐための厳格な規則を遵守しようとしました。 日本国外でのアスリートのトレーニングは、ホテルとトレーニング会場に限定されています。

主催者は最近、コロナウイルスの症例が増加しているため非常事態を宣言している東京の場所からのすべての訪問者を禁止することを発表しました。

先月、ウガンダオリンピック代表団のコーチとアスリートは、日本に到着した後、コロナウイルスの検査で陽性を示しました。 氏。 Cecitolegoがそれらの1つであるかどうかは明らかではありません。

菅義偉首相の内閣官房長官である門勝信氏は、警察は捜査活動を行っていると述べた。 氏。 警察と市当局は、セキドレコを見つけるために全面的な努力をしていると彼は言った。

ウガンダ重量挙げ協会の会長であるSaleemMoussokによると、彼はオリンピックに出場する資格がなく、スポーツが正式に開幕する前の7月20日にウガンダに飛ぶ予定でした。

氏。 金曜日のムソクさん。 彼は3日前に最後にセシトレゴと話をしたが、彼が姿を消したこと、アスリート、コーチ、役人がパスポートを渡したこと、そして彼らが滞在していたホテルは「よく保存されている」と聞いて驚いたと述べた。 「」

「ニュースを受け取ったとき、彼らがもっとよく保護されていたらどうなるだろうかと思った」と氏は語った。 ムソクは言った。 「彼らが話していたセキュリティはどうなりましたか?」

彼はその知らせにがっかりした。 「アスリートの失踪は国にとって良くない」と彼は言った。 ムソク氏は、ゲームを進めるべきだとの批判に直面した日本について語った。

「彼らがこの男を手に入れることを祈る」と氏。 ムソクは言った。 「日本政府はこの少年を捕まえるべきであり、そうすれば私たちは彼をゲームから追い出すでしょう。」

ウザンダ代表団と一緒に旅行した泉崎市のスポークスマン、福岡裕二氏は語った。 金曜日にCesitolegoのホテルの部屋をチェックしましたが、彼はそこにいませんでした。

「私たちが望んでいるのは、彼がすぐに見つかることだけです」と彼は言いました。 福岡は言った。 「彼は苦労するかもしれない。」

東京組織委員会のスポークスマンは、事件を認識していると述べた。 同グループは声明のなかで、「泉崎市が行方不明者を捜索していることを理解している」と述べた。 「その人がすぐに見つかることを願っています。」

Musingusi Blancheは、ウジンダのカンパラから報告しました。

READ  日本は国の安全のためにサイバーセキュリティユニットの総数を増やすことです