Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オリンピックの主催者は、障害にもかかわらずアスリートが日本の味を味わうことを保証します

オリンピックおよびパラリンピックのアスリートは、コロナウイルスプロトコルにより競技会場外での活動が固く禁じられているため、開催都市の景色を楽しむ機会があります。 しかし、主催者は少なくともそれを味わうことを確実にしました。

選手村の日本との料理会は、レストランやバーでの無料の食事が禁止されているため、ほぼ独占的に東京の選手村のカジュアルなダイニングエリアで行われます。

食料安全保障のために生の魚は入手できませんが、メニューには、ラマンとうどん、おにぎり、天ぷら、「お好み焼き」など、伝統的で人気のある日本食が幅広く含まれています。

写真は、東京オリンピックのカジノダイニングホールと首都の晴海ウォーターフロント地区のパラリンピック陸上競技場で提供されるブリのグリル、ベーコンのグリル、「お好み焼き」のパンケーキです。 (写真提供:東京2020)(京都)

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子委員長は、「コロナウイルスの流行の中でも、この村に滞在する選手たちに日本文化のおもてなしを感じてもらいたい。

東京の晴海ウォーターフロント地区にあるこの村には、オリンピック開会式の10日前の7月13日に正式にオープンした、世界中の料理、24時間営業のメインダイニングホール、クリニック、レジャー施設があります。

オリンピック期間中は約280名、パラリンピック期間中は250名収容可能なカジュアルダイニングエリアでは、1日3,000食を提供できます。

2011年の地震と津波の影響を大きく受けた東京と福島北東部の3州、岩戸、宮城の食材が毎日食用に使われます。

「オリンピック・パラリンピックは地域の復興努力を世界に示すイベントであるため、被災地の食糧を優先的に利用することにしました」と村長の喜多嶋隆氏は語った。

しかし、47の州すべてがメニューに何か貢献するでしょう。

「オリンピックは、日本全国の支援なしには開催できなかった」と北島氏は語った。 「日本の文化に立ち向かった後、選手たちが帰国することを願っています。」

滞在中、オリンピック選手は競技会場とアクションプランで定義された限られた場所にのみ行くように求められます。

原則として、公共交通機関の利用、市内の散策、観光地やジム、ショップ、レストラン、バーなどの場所への訪問は禁止されています。

2021年7月18日に京都ニュースのヘリコプターから撮影された写真は、首都の晴海ウォーターフロント地区にある東京オリンピックとパラリンピックの選手の村を示しています。 (京都)

ほとんどの村人は、カジュアルな食堂や大きなメインの食堂で無料で提供されるさまざまな料理に頼っています。 住民はまた、トップスポーツスポンサーのコカコーラが提供するボトル入りの飲み物を自由に飲むことができます。

しかし、日本のメニューの背後にある食文化をさらに感じさせるために、タブレットがカジュアルなダイニングエリアに設置され、問題の日に使用する食材を準備した地元の人々の写真や紹介があります。

2011年の災害で核融合を経験した福島の材料の場合、州の製品の安全性を向上させるための情報が提供されます。

2019年に開催されたコンペティションで一般から寄せられた700以上のレシピプロジェクトから選ばれた上位5品が含まれるため、メニューは日本の人気料理を代表するものになります。

主催者は、2013年にユネスコが人類の独創的な文化遺産として刻印した日本料理を提供することで、日本料理の幅広さについての認識を高めたいと考えています。

農業省によると、ある程度の衛生状態に支えられて、海外の日本食レストランの数は増加しており、2019年には約156,000に達し、2017年から30%増加しています。 ほとんどがアジアの他の地域にあり、101,000、北米では約29,400です。

「東京オリンピック・パラリンピックで日本食を企画したとき、その違いに気づきました」と、大会のフードサービスを担当する日本組織委員会の山根宗武氏は語った。 「これがその問題を世界に広める機会になることを願っています。」

コンテストで優勝した5つのメニューアイテムの1つは、日本で最も暑い夏の時期に食べられる古典的な料理である冷たい「ソーマン」ヌードルでした。 麺を調味料入りの軽いスープに浸すのが一般的ですが、麺は、アスリートが必要とする栄養素を得るために、鶏肉や野菜と一緒にトマトジュースと一緒に出すことができます。

鎌倉の青果物店のアルバイトである西村陽子さん(59)は、「蒸し暑い気候の中で、アスリートが理想の形を保つために、ソマンヌードルを使って簡単かつスムーズに調理できることを願っている」と語った。 、東京の南にある歴史的な街。

冬の定番メニュー「おでん」をご用意しております。 普段は鍋料理として、トマトなどの夏野菜を使った冷やしスープに、さつま揚げなどの一般的な具材を添えて出されます。

写真提供:トマトなどの夏野菜を使った冷たいスープを添えた日本の冬の定番メニュー、おでん。 この料理は、東京オリンピック・パラリンピックアスリートビレッジカジュアルダイニングホールで開催されたレシピコンペティションで選ばれた5品のうちの1品です。 (著作権東京2020)(京都)

デザートは東北産の甘いマッシュポテトを使った「じゅんだでパンナコタ」。

他の2品は、北の北海道本島を起源とするサーモンの「ジャンキー」揚げ物と、桃、ハム、クリームチーズを添えた揚げパンです。

カジュアルなダイニングエリアはリラックスした雰囲気をモデルにした日本食の場所ですが、2階建てのメインダイニングエリアは1日45,000食を提供し、アスリートが自分で作る必要のある栄養価の高い料理を提供することに重点を置いています。

アスリートがすでに食べているものについて不確実性や恥ずかしさを示すことによって、アスリートへのストレスを増大させることを意図したものではありません。

「料理はシンプルに作られているだけで、エレガントでも手の込んだものでもありません。アスリートの好みに合わせてさまざまな味もあります」と山根氏は語った。 「彼らの主な関心事は、食べ物を楽しむことではなく、栄養を摂取することです。

「大試合の前は、何が入っているのかわからないまま、新しい食べ物を試したり、何かを食べたりしてリスクを冒したくないのです」と彼は言いました。

各料理には、カロリー、タンパク質、脂肪、炭水化物、ナトリウム、塩などの栄養情報が含まれています。 認定栄養士は、必要に応じて追加情報を提供するために栄養ヘルプデスクにもいます。

1階900席、2階2,100席の24時間営業のホールでは、さまざまな料理、文化、宗教に関連する700のメニューオプションを提供しています。

西洋料理、アジア料理、ハラール料理、ベジタリアン料理、グルテンフリーの日本料理のカウンターに加えて、ピザ、パスタ、ハンバーガーを専門とするセクションが設置されました。これは、このようなカジュアルな料理が以前のリオゲームで特に若いアスリートの間で人気があったためです。 山根は言った。

首都の晴海流域地区の東京オリンピック・パラリンピックのアスリートが、村のメインダイニングホールで提供される料理のサンプルを撮影します-牛肉と野菜の煮込み、ハーブ入りのチャットコート、バスマティライス、バゲット(プレL)、ローストポーク(プレ-ロースト野菜))、キャベツスープ(ピンL)、ミックスサラダ(ピンC)、ヨーグルト。 (写真提供:東京2020)(京都)

トルティーヤ、ピタパン、マッシュポテトとパン、蒸し、ロースト、煮込み、揚げ野菜などのサイドディッシュと、鶏肉、牛肉、ベーコン、タラなどの揚げ物を選ぶことができます。 サラダ、ヨーグルト、チーズ、フルーツは自由に摂取できます。

1964年の東京オリンピックとは異なり、彼は、組織委員会のイエメンが訪問する世界のアスリートに日本料理を紹介することを期待して、日本自身の食文化への関連する影響を「予想していませんでした」。

元インペリアルホテルのヘッドシェフである村上信夫氏と全国のシェフが率いる料理の経験は、外国料理の作り方を学ぶことに汗を流したと言われており、高級レストランで限られた西洋料理を普及させるのに役立つことがよくあります。

このゲームはまた、以前は標準以下であることが判明していた冷凍食品の普及に拍車をかけ、日本の公の機会がレストランで外​​国のメニューを単に味わうことを可能にしました。


関連する報道:

特徴:政府の複合施設は、スポーツ村の通常のビジネスとはかけ離れています

質疑応答:東京オリンピックの完全ガイド、多くの点で前例のない


READ  米国および日本の特許出願試験のヒント