Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オリンピックの温暖化でホンジュラスを破ったトーンネットが日本を支えている

東京オリンピックに先立つ2回のウォームアップゲームの第1月曜日に、吉田麻也の開幕戦とドン・リツがホンジュラスのチームメイトを3-1で下した。

吉田大尉、酒井宏樹、遠藤ワタルーの3人の確立された追加アスリートが、すでに有望な若い側を昇格させるために招待され、日本は大きな文字でオリンピックのライバルを支配しています。 スペインとの土曜日は誠意を持って。

リッチー・トーン(L)は、2021年7月12日に大阪のヨドコウ桜スタジアムで開催された東京オリンピックのホットレースの後半に、ホンジュラスに対して日本の3番目のゴールを決めました。 (京都)==京都

「基準をさらに引き上げる必要があるが、選手の状況に応じて、競争力を回復または強化し、1つのチームの意見を共有することができた」とマネージャーのハジム・モリアスは語った。 1か月ぶりに適切なゲームをプレイする。

モリヤスは、久保拓房、ドン、三好康児の左足攻撃ミッドフィールダー3人からスタートし、前半は遠藤と田中大のデュアルセンターの助けを借りて、大阪のヨドコウ桜スタジアムに数席出場した。 5,000人が参加しました。

堺は大きく狭くなり、久保はペナルティアピールを拒否し、彼のシュートはディフェンダーの手に当たり、三好は11分のオープナーの直前に久保からの速いクロスに続いてポストを攻撃した。

久保は右サイドからのフリーキックに浮かび、センターバックが相手のディフェンダーの後ろに忍び寄り、右足の外側で楽々と家に帰った吉田を見つけた。

スムーズなパスの動きを見せたが、最終製品がなかったため、日本はついに40分に1秒を追加した。

日本の吉田麻也(旧R)は、東京オリンピックの熱い競争の前半に、2021年7月12日に大阪のヨドコウ桜スタジアムでホンジュラスとのスコアを開きます。 (京都)==京都

センターバックのタグロがトスに勝ち、左から下のクロスを送り、ミヨシがパスした。フォワードのデイジー・ハヤシがトンを投げてディフェンダーを止めた。ディフェンダーは初めて左足を左足の弱点に置いた。

ホンジュラスは5つの初期の変更を行い、休憩後65分に試合の最初の本当のチャンスで観客が得点する可能性は日本には明らかではありませんでした。

リコベルト・リバスが日本の守備隊の後ろを走ってパスを拾い、キーパーのコニー・トニーがキックを拒否したにもかかわらず、ドミアスはうっかりオウンゴールにボールを蹴った。

しかし、トーンはハーフの終わりから5分後に別のゴールで勝利を確保しました。 遠藤が左サイドの草摩由希をかわして、ロークロスハウスをすり抜けたのも、よくできたゴールだった。

「どちらの目標も初めての努力であり、私のチームに感謝します」とトーンは語った。 「早い段階で得点することが重要でした。後半はペースを落としましたが、前半は良かったので、それに順応する必要がありました。」

日本はオリンピックのグループAで南アフリカ、メキシコ、フランスと対戦し、ホンジュラスはニュージーランド、韓国、ルーマニアとグループBで対戦します。

READ  米軍:軍隊は日本のCOVID-19監視アプリケーションを免除しますが、プッシュしません-太平洋