Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オリンピックの1か月前、日本はCOVID-19緊急事態を緩和します

東京(AP)-日本は木曜日、東京と他の6つの地域で来週からコロナウイルスの緊急事態を緩和すると発表しました。国が1か月以内にオリンピックの最終準備を開始すると、新しい毎日の症例が減少します。

日本は3月末からエピデミックのペースを落とすのに苦労しており、東京や大阪などの大都市圏の病院では、1日あたりの新規症例数が7,000人を超え、重病患者が出ています。

日曜日に菅義偉首相が失効した際の非常事態宣言を大幅に削減するため、日々の事件は大幅に減少しました。 新しいアクティビティは、ゲームの7月11日から12日前まで続きます。

スカ氏は、緩和策はバーやレストランを迅速に閉鎖することに焦点を当てると述べた。

日本の世論は、一般的に東京オリンピックとパラリンピックの開催に反対しています。

「別の暴動が発生し、病院が麻痺した場合は、対策の強化を含め、早急に対応する」とスカ氏は医療専門家の懸念に応えた。

秋に選挙前のオリンピックを開催することは、チュカにとっての政治的賭けでもあります。チュカの支持率は、エピデミックへの対処、ワクチン接種の遅れ、ウイルスの状態を確認する方法についての説明の欠如に不満を持っています。そうではありません。 オリンピック中に広がります。

READ  エピデミック、気候危機-ますます多くの若い日本人が本の中でカール・マルクスを見ています