Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オリンピックは終わり、日本はウイルスが広がるにつれてワクチン接種を受けるために競争します

2時間18分前に更新

東京(AFP)-東京オリンピックは終わったが、それでも日本のホリデーシーズンであり、コロナウイルスが記録的なレベルに上昇しても、多くの人々は旅行を避け、バーやレストランに近づかないようにという政府の呼びかけを無視している。

菅義偉首相は、ワクチンへの期待を固めている。ワクチンはゆっくりと始まったが、現在は順調に進んでいる。 発作と病気の終焉の間のこの競争が、何万人もの健康は言うまでもなく、菅の政治的未来をどのように決定することができるか。

菅はワクチンが勝つと楽観的であるように思われるが、ワクチン接種された全人口のわずか36%で、専門家は非常に伝染性のウイルスデルタ変異体が前進していると言います。 彼らは政府に弱い緊急事態でもっと多くのことをするように促しています。 日本は、他の国で使用されているような制限的な封鎖なしに、多くの国よりもCOVID-19のパンデミックにうまく対処することができましたが、今必要があるかもしれないと考える人もいます。

日本のコロナウイルスの症例数は1週間以上で1万件を超え、過去4か月で2倍の100万件を超えました。 日曜日に終了した試合中に、東京での毎日の症例数は3倍になりました。 病院が満員の状態で、18,000人近くが自宅で隔離されており、先月の10倍以上になっています。

菅は、ワクチンの開始が遅れたにもかかわらず、ワクチンの展開が進んでいることを強調した。

日本の3600万人の高齢者人口の80%以上が、4月中旬に予防接種を受け始めてから予防接種を完了しています。 菅氏によると、高齢者のワクチン接種率が高いことで、高齢者、重篤な症例、死亡者の数が大幅に減少し、医療システムへの圧力が軽減されたとのことです。

「これはワクチンの有効性をはっきりと示している」と菅氏は若者の予防接種をスピードアップすることを誓った。 「感染を遅らせ、深刻な症状を軽減するための最も効果的な方法は、できるだけ早く各人に2回注射することです。」

現在、深刻な症例は主に50代以下の人々に見られますが、彼らはまだほとんどワクチン接種を受けていません。 ワクチン接種担当大臣の河野太郎氏によると、これまでに1400万人(注射の対象となる12歳から64歳の20%未満)が完全にワクチン接種されているという。

菅氏は、7月末までにすべての高齢者に完全に予防接種をするという彼の目標はほぼ達成されたと述べた。 菅は若者への予防接種を迫りながら、8月末までに12歳以上の40%を完全に予防接種し、10月か11月までに予防接種を希望するすべての人のために予防接種を完了することを目指しています。

しかし、専門家や当局者は、ワクチンだけでは十分ではないかもしれないと言います。

「デルタ株によって絶えず増加が加速しているため、ワクチンを宣伝するだけで感染に対処することは非常に困難です」と河野氏は最近のオンラインプログラムに語った。 彼は、20代と30代の若者が1日の予防接種数の約半分を占めていると述べました。 彼は彼らに社会的距離を守り、マスクを着用し、手を洗うように促した。

日本では2月中旬に後期予防接種が始まり、医療従事者が最初の予防接種を受けました。 そのペースは、当初はロジスティックエラー、非効率性、ワクチン供給の不足によって減速しましたが、5月に劇的に回復し、その後、菅の野心的な目標を達成するために1日あたり100万ショット以上に上昇しました。

当局は、一部には副作用についての誤った噂のために、若者が予防接種を受けることに抵抗があるために順番が来ると、予防接種のペースが遅くなると予想しています。 彼らの多くはまた、深刻な症状を発症する可能性が低いと信じています。

国内の強い反対にもかかわらず、大会の通過を余儀なくされたと批判されてきた菅氏にとって、オリンピックの相対的な安全性と日本でのワクチン接種の進展を示すことは、彼の政治的生存の鍵となるかもしれない。 菅はオリンピックからウイルスが広がる証拠はないと繰り返し言っており、組織当局は同意している。 7月上旬から閉会式までのオリンピック「バブル」の中で約400件の陽性例が報告されたが、その陽性率は東京全体のほんの一部に過ぎないと彼らは言う。

菅氏は、政府は感染の急増に緊急に対応していると述べたが、政府は主にバーやレストランを対象とした同じ一連の不人気な緊急措置を繰り返し、アルコール飲料を提供せず、早期に閉鎖することを要求した。 スーパーマーケット、娯楽施設、その他の重要でないビジネスも午後8時に閉店する必要があります。

遵守している企業は1日あたり最大20万円(1,800ドル)の補償金を受け取り、違反した企業は罰金を科せられますが、午後8時以降も数千人が営業しています。 これらの措置が不当にレストランを標的にしているという批判が高まっている中で、罰はめったにありません。

隠蔽、殺菌、不必要な旅行の回避など、一般の人々を対象とした対策は単なる要求であり、多くの人々がまださまよって、レストランに行き、公園や通りに集まって飲んだり、混雑した電車をナビゲートしたりしています。

ウイルス対策も担当する西村康稔経済活性化相は今週、教室やお店、ピンボール場で大規模な感染症が発生したことを指摘し、夏休みの旅行は避けてほしいと呼びかけた。

過去最高の58個の日本のメダルのおかげで大会への支持が高まったにもかかわらず、オリンピック後のメディアの世論調査では、菅政府の支持率が30%を下回ったことが示されています。

「政府は国民がその要求に耳を貸さないという理由で行動を起こすべきだ」と前大阪知事で政治評論家の橋下徹氏は今週のテレビトークショーで語った。 「政府がオリンピックへの参加を余儀なくされたとしても、自分たちだけで活動を制限し続けるのは意味がないと多くの人が考えている」と語った。

手続きが長引くため、政府の要請に応じるのにうんざりしているため、非常事態宣言が機能しなくなったという意見もあります。

政府の主任医療顧問である尾身茂博士は、「感染が拡大し続ける場合、封鎖を合法化する可能性について話し合う必要があるかもしれない」と述べた。 「政治指導者たちは、ウイルスの拡散を遅らせるために協力するよう国民を説得するために、統一された、強力で明確なメッセージを送っていません」。

___

Twitterの山口真理をhttps://www.twitter.com/mariyamaguchiでフォローしてください。

READ  ロミー・ウォルタルが57歳で死去: フェイス/オフとハウス・オブ・アッシャーのスターが心臓発作で死亡