Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オリンピックシンクロナイズドスイミング-シンクロナイズドリーダーになると、日本はブロンズを保持するために戦った

東京2020オリンピック-アートスイミング-女子デュエットフリールーチン-決勝-東京アクアティクスセンター、東京、2021年8月4日。日本の犬井由紀子と日本の吉田めくむが公演中。 ロイター/モリーダーリントン

東京、8月7日(ロイター)-日本は、かつてシンクロナイズドスイミングでオリンピックの表彰台に立ったが、今年はすでにデュエット銅メダルを保持できていないため、リオ2016で獲得した銅メダルを保持するために戦っている。

ウクライナの新星は水曜日にそのメダルで日本を破り、日本は金曜日のチームテクニカルイベントで4位に終わった。これは国内で開催されたオリンピックで最も痛い。 ロシアチームが1位、中国が2位でした。

1984年に水泳がオリンピックのシンクロナイズドスポーツになって以来、日本は金メダルを獲得していませんが、ロンドン2012を除いて、毎年デュエットまたはチームで銀メダルまたは銅メダルを獲得しています。

その年、彼らは完全に停止し、土曜日の無料イベントでウクライナで1位にならない場合、今年も運命が待ち受けています。

金曜日のチームイベント後、乾友紀子(30)と3度のオリンピック選手は、「正直なところ、私たちが持っていると思っていたポイントを得ることができなかった」と語った。

これは、約30年前にオリンピックのシンクロナイズドスイミング選手を世帯名として持ち、シンクロナイズドスイミングチームについて毎週テレビドラマを行っていた国にとっては辛い状況です。

今日、問題の一部は経験不足です。

今週、シンクロナイズドスイミングで最も装飾されたオリンピック選手となったスベトラーナロマシナを含むロシアチームの6人と比較して、イヌイは日本のオリンピックチームの唯一のアスリートであり、中国のデュエットは銀メダルを獲得しました。

日本の井村雅代監督は金曜日、流行による最近の世界大会の欠如も影響を及ぼし、今年初めに欧州選手権に参加した欧州チームが審査員をリフレッシュする機会を得たと語った。

日本が4位で終わった最後の世界選手権は2019年でした、そして井村はゲームの美学が日本に有害な方法で変わったかどうか疑問に思いました。

「2019年は時間が足りなくなったので、そこから4位からスタートしなければならなかった」と井村は語り、チームは力強く進んだと感じた。

「私たちがより良いパフォーマンスを続ければ、風は方向を変えるでしょう。私たちはできることをしなければなりません。」

(これにより、名前の最後の段落のスペルが修正されます)

マユサコダとエレイン嘘によって書かれました。 MichaelPerryとClaireFallonによる編集

私たちの基準: トムソンロイター財団の方針。

READ  ミャンマーのゴールキーパーが日本に滞在することを選択