Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オリンピック銀メダリストの平野歩夢が東京でスケートボードに出場する準備をしている

2度のオリンピック銀メダリストである平野歩夢は、金曜日の東京オリンピックで、オリンピックのファイナリストを準備するデューツアーイベントの男子スケートパークで桟橋をクリンチしました。

22歳の22歳は26位でしたが、長原ユーロが30位、笹岡金スキが49位で、唯一の開催国である日本唯一の予選ランキングで首位を維持しました。2019年以降の予選結果ランキング。

男性と女性のための公園と通りの4つのスキーイベントのそれぞれで利用可能な20の場所のうち、1つのドックがホストとして日本のために予約されています。

2018年のオリンピックで男子フィギュアスケートの銀メダルを2回連続で獲得した平野は、東京でのオリンピックデビューでスケートボードを実行したいという希望を表明しました。

今年の2月、平野はアメリカ独立戦争ツアーの途中であるコロラド州のアスペンスノーマスオープンで男子ハーフパイプのタイトルを獲得し、競争力のあるフィギュアスケートに勝利を収めました。 これは、韓国の平昌で開催された2018年のオリンピック以来の彼の最初のスノーボード競技でした。

誤った情報と多くの情報の両方の時に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  クリスティアーノロナウドの運転手は、ベントレーから22万ポンドでガソリンを受け取るのを7時間待った後、降伏しました。