Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オリンピック関係者は、東京はスポーツで進歩する傾向にあると言います | 日本

日本のオリンピック関係者は、国際オリンピック委員会(IOC)が、コロナウイルスの流行中に東京2020大会を開催することに関する一般の懸念を無視していると批判しました。

これまでのオリンピック運動内からの激しい反対に直面して、日本オリンピック委員会(JOC)の山口香里執行委員は、東京は一般の反対が広まっているにもかかわらず、オリンピックを継続することを「追い詰められた」と述べ、彼らは去るだろうと警告した. 「苦味」です。

山口氏は金曜に京都通信社が発表した社説で、「今も止められない状況にある。

1988年のソウルオリンピックで銅メダルを獲得した元柔道世界チャンピオンである彼は、次のように付け加えた。 ゲームはすでにその意味を失い、そのために実行されています。 キャンセルの機会をすでに逃していることを願っています。 」

彼は、IOC がセキュリティに関する正当な懸念を無視していると非難した。 「IOCは、日本では世論は重要ではないと考えています」と彼は書いた。

IOC の高官と東京 2020 の主催者は、試合は予定通り 7 月 23 日に開幕し、アスリート、観客、そして日本の一般の人々を保護するためにあらゆる予防措置が講じられていると主張しています。

IOCのジョン・コーツ副会長は最近、東京が依然として政府-19の厳しい作戦の対象となっている場合でもオリンピックは開催されると述べ、一方、IOCの長年のメンバーであるディック・パウンドは、オリンピックは「アルマゲドンを除いて」開催されると述べた.

サキュバス大学の山口教授はIOCに対し、「日本の大衆は自分の意思を超えて泳ぐことができると考えているようであり、調査によると、試合のキャンセルや延期に非常に熱心であることがわかっている」と語った. 最近の世論調査では、60% から 80% の人がこの夏にゲームを主催していることが示されています。

東京と他の9つの地域は緊急事態宣言を受けており、開会式の1か月前の6月20日まで解除されない。

4月下旬に緊急事態宣言が発令されて以来、東京では症例が減少しており、専門家は、感染の拡大と「ロック疲労」の症状に頑固であると述べています.

主催者への別の打撃として、日本の最上級医療顧問は、オリンピック期間中の人気運動の増加が新たなコビット-19噴火の引き金になる可能性があると警告した. 海外からのファンはすでに禁止されており、地元の視聴者については今月中に決定される予定です。

政府の流行に関する諮問委員会を率いる尾身茂氏は、「家にいるという需要は十分にある」と金曜日に議会委員会に語った. [the government] この重要な時期に、何か新しいことが起こり、感染を防ぐことが不可能になります。

彼は、「オリンピックでは人の流れを許さないことが重要です」と付け加えました。

外国人の聴衆がいなくても、約9万人のアスリート、関係者、ジャーナリスト、スポンサー、サポートスタッフが7月に東京に上陸する予定です。

世界保健機関の元地域局長である近江氏は、東京2020の中止を求めなかったが、現在のコロナウイルスの状況下で、日本が今週イベントを開催することは「通常ではない」と述べた.

彼は、IOC が公衆衛生指導について日本人の専門家との連携を怠っていることを批判した。 「私たちは現在、どこにアドバイスを提供するかを検討しています。オリンピックを開催したいのであれば、どのようなリスクがあるかを伝えるのが私たちの仕事です」とOmi氏は国会議員に語り、医療専門家は6月20日までにオリンピックに関する報告書を発表する予定だと付け加えた。 、緊急事態宣言が解除されると…

日本政府は、ワクチン生産の開始が遅く、医療サービスに深刻な圧力がかかっているにもかかわらず、ゲームは安全に進行する可能性があると述べています。

発生以来、日本では約750,000件の症例と13,000人以上の死亡が報告されており、アジアで最悪の国の1つとなっています。

READ  日本2月住宅支出はコロナウイルスの障壁に苦しんでいる