Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オリンピック:人種差別的な虐待の申し立てにより、ドイツの男子サッカーチームが友好的に退場| サッカーニュース

ドイツのオリンピック男子サッカーチームは、選手の1人が人種的虐待を受けた後、ホンジュラスとのウォームアップマッチが終了する5分前にフィールドを離れました。

チームは、来週開幕する2020年のオリンピックに向けてホンジュラスと対戦し、日本での体力をテストするための短い試合に参加しました。

ドイツ代表は中米のライバルと1対1で引き分け、フェリックス・オドカイのゴールでドイツは同点に追いついた。

しかし、選手たちは試合終了の5分前にフィールドを離れ、チームのTwitterアカウントは、ヘルタBSCのDFジョーダントルナリガが人種差別的に虐待されたために選手たちが去ることを決めたと主張しました。

その後、ホンジュラスは、ドイツのプレーヤーに向けられた「人種的侮辱の疑い」の後で試合が中止されたことを確認しました。

しかし彼らは、ドイツの立場は「現場での誤解」によるものだと主張した。

ユニはイギリスのトリオの人種差別的な虐待のために学生の申し出を撤回します

大学は、ユーロ2020決勝戦の後、イングランドの選手を人種差別的に虐待した後、学生へのオファーを取り下げました。

スナップチャットのグループチャットのビデオ映像がInstagramで配布され、ウェンブリーでのペナルティシュートアウトを逃したマーカスラッシュフォード、ジェイドンサンチョ、ブカヨサカに人種差別的な言葉を使って個人の声が聞こえました。

ノッティンガムトレント大学のスポークスパーソンは、「この主張はノースカロライナ大学の学生には関係がない。私たちは人種差別を含むいかなる形態の差別も容認しない」と述べた。

「私たちはすぐにこの問題を調査し、その結果、申請者への申し出を取り下げました。」

READ  サマーオープンの試合が遅れているため、日本はソフトボールでオーストラリアを上回っているスポーツニュース、Firstpost