Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オリンピック/日本はソフトボールのエクストライニングウォークでメキシコを停止します

福島-開催国の日本はエース39歳の誕生日の2日目にメキシコを2-0で下し、東京大会は追加イニングでメキシコに勝ちました。

メキシコは2回同点に追いつき、7回に日本のエース宇野由紀子がフルゲームから3ヤード離れて2回目のセンターウィンを開始した。

日本のレリーフミウコットは、8位でランを渡すことなく、マウントされたベースから脱出することができました。 エキストライニングルールで2回を開始した山田恵里は、チームメイトの渥美真奈が下半期に3-2で勝利した。

コットは、宇野に誕生日の勝利を与えたいと思ったことがメキシコのラリーを止めるのに役立ったと言い、スラッカー藤田大和は彼が打ったホーマーを宇野への贈り物として説明した。

他の場所では、アメリカの投手モニカ・アボットが最初から支配し、カナダに対して彼のチームを1-0で破った。

カナダの打者は7イニングの間、ピッチを追いかけ、116km / hで通信できませんでした。これは、ゲームで最速のボウラーの1人であり、日本リーグで5倍の価値のある選手です。

アボットは最初の6つのまばゆいばかりのフレームの後で彼の歯を見て、同じ場所に戻りました。 彼女は手から汗を取り除き、首の後ろに冷たいパックを置き、ピンク色の水筒から水分を飲みました。 定期的に支払われます。

アボットは合計9ランを取り、勝利を収めました。 ゲームの決勝戦を記録した後、1.91メートル(6フィート3インチ)の左利きの人が捕手オーブリーモンローの周りに手を回した。

「私たちは重大な犯罪を止め、セキュリティが機能することを許可しなければなりませんでした。それは素晴らしかったです」とモンローは後に言いました。

アメリカの中堅手ヘイリー・マクリーンは、ブルーシングルでベースに到達した後、ソロランを行った。

マクリーンは代走のジョーイ・ライをノックアウトした。

日本の試合の最初のイニングでの数分の霧雨は、プレーヤーにテントの下でギアを入れることを余儀なくさせました。 ゲームは停止しません。

イタリアとオーストラリアは、雨がほとんど戻ってこなかったため、その日の決勝戦を開始するために得点を挙げませんでした。

カナダとメキシコはトーナメントで1-1です。 6チームのうち4チームがメダルマッチに進みます。

READ  トリビュートサービスが京都の堀支部の開設で日本での拡大を祝う-ホスピタリティウェブ