Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オレゴン州で25年続くスノー&スキーショップが日本に初の海外店舗をオープン

Tactics は、約 25 年前にユージーンに一軒の店舗として設立されたスノーおよびスキーの小売店で、現在は日本を含む国際的に事業を拡大しています。

同社は11月に札幌に店舗をオープンし、10月には日本でのオンライン販売を拡大する予定だ。

ナイキの元スケートボード部門責任者で最高経営責任者(CEO)のデューガン・ベッカー氏によると、同社は自社の衣料品ラインを含むギアを販売しており、近年計画的に事業を拡大しているが、日本への移転が初の海外店舗となるという。

同社の最初の店舗は 1999 年にユージーンにオープンし、スキーとスノーボード用品を販売しました。 2000 年代初頭を通じて事業と電子商取引を拡大した後、Tactics は 2016 年にベンドに店舗をオープンし、2019 年にポートランドに店舗をオープンしました。今月初め、Tactics は州外に拡大し、シアトルに店舗をオープンしました。

しかし、2020年に日本のアパレル・ホスピタリティー企業TSIホールディングスがタクティクスを買収し、その国際展開の基礎が築かれた。

元ナイキのグローバル セールスおよびマーケティング ディレクターであるオースティン ダル モリン氏は、タクティクスの購買、企画、マーチャンダイジングのディレクターとして日本への進出を指揮しています。 同氏は、同社は日本のビジネス文化に慣れ、言語を超えたコミュニケーションに適応する必要があると述べた。

マレン氏は、スケートパークなどの指定エリア外ではスノーボードが広く禁止されているにもかかわらず、スノーボードの人気が高まっている日本で文化の変化を同社が目の当たりにしていると語った。 オリンピックスケート 初めて 2021年の東京では、日本人スケーターが4種目中3種目で優勝した。

「私たちがやりたいことの一つは、他の拠点で行ってきたのと同じように、その文化を育み、構築することです」と彼は言いました。

札幌市は、日本の北部、北海道の火山山に囲まれた都市で、気候や文化も太平洋岸北西部に似ているとマレン氏は述べた。

「自然やアウトドアに関しては同じ価値観がたくさんあります」と彼は言いました。 「物事の進みが少しずつ遅くなってきています。」

マレン氏は、スノーボード文化のグローバル化が進む世界により、日本での同社のビジネス拡大がより明確になったと述べた。

「米国で見られる傾向の多くは、スノーボードや日本のスノーボード界で見られる傾向と同じです」と彼は語った。

パンデミック中、スキーとスノーボードは特にオンライン販売でブームとなった。 同氏は、歴史的に男性優位のスポーツにおいて、同社では女性、ノンバイナリーのスキーヤーやスノーボーダーの増加も見ており、市場がさらに拡大していると述べた。

Tactics ブランドの製品は、アジアおよび米国で製造されています。 輸入関税により他国で生産された製品のコストが上昇する可能性が高いため、国際的に事業を拡大する際には関税が懸念されているが、マレン氏は、Tactixが買収している企業はすでに日本に足場を築いており、流通が容易になっていると述べた。

「私たちはここで購入していたのと同じ製品を購入していますが、これらの企業の日本のビジネス構造を通じて購入しています」と彼は言いました。

マレン氏は、同社は総合的なスポーツアパレル小売業者ではなく、むしろスキーとスノーボードに重点を置いていると語った。 ベイカー氏によると、店舗にはベテランのスノーボーダーやスノーボーダーがスタッフを配置していることが多く、顧客により個別化された体験を提供できるようになるという。

ビジネス・オレゴンの世界貿易専門家、アレクサ・バイヤーズ氏は、日本の一人当たり所得が比較的高く、背景にストーリーのある製品への文化的関心が拡大を目指す中小企業にとって有利だと述べた。

しかし、企業が国際的に事業を拡大することで過度に拡大するリスクがあるとも付け加えた。 バイヤーズ氏の代理店では、オレゴン州の中小企業、特にレストランの一部が日本市場への進出が早すぎて、最終的には店舗を閉鎖せざるを得なくなるのを目にしていると語った。

しかし同氏は、Tacticsの拡大に対するゆっくりとした系統的なアプローチは、会社が過度に拡大しないようにするのに役立つだろうと述べた。

日本の親会社が国内に既存のビジネス関係を持っていることも、タクティクスの成功の前兆であるとバイヤーズ氏は述べた。

「私たちは日本の文化をよく知っています」とバイヤーズ氏は言う。 「彼らは軽々しく何事にも飛びつきません。」

ナイキのスケート部門を率いていたベイカー氏は、ユージーンにあるオリジナルのタクティクスストアに製品をよく販売していたという。 2020年にナイキを解雇された数年後、彼はタクティクスに入社し、最終的に2022年にCEOに就任した。

Tactics の共同創設者であるマット・パットン氏は、変革を監督するために数か月間留まりました。 同氏は同社がワンストップショップから電子商取引に進化するのを見てきており、創設者らはTacticsがローカルのみに留まるとは決して考えていないと電子メールで述べた。

「信じてください、地元企業が(どこに立地していても)進化し続けるオンライン世界でその地位を維持するのは簡単ではありません」とパットン氏は語った。 「前例のない時期にバトンを受け取り、戦術を前進させたチームを非常に誇りに思います。」

-アンドリュー・ミラーはビジネスニュースをカバーしています。 971-803-2954 まで電話してください。 [email protected]

READ  コメント:日本はいつまで外国人に閉ざされ続けることができますか?