Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オレゴン州のコロナウイルス:COVID-19の新規症例数が減少し続けているため、507件の新規感染、2件の死亡

オレゴンでの新しいCOVID-19感染 彼は落ち続けた 週末に、日曜日に州当局は、 コロナウイルス そして、507の新しい症例が確認または推定されました。

オレゴン州保健局によると、病院は日曜日に上昇し、土曜日から7つのベッドが占有されていました。

詳細なデータと傾向

着実な減少は、新しい日常の状況に反映されています 全国的な傾向 それは4月中旬の毎日の新しい症例の最後のピークの後に始まりました。 国内の他の地域と並行して、オレゴンでもワクチンが減少しています。オレゴンでは、現在の1日の循環平均線量は、5週間前に到達したピーク率の約3分の2です。

ワクチン: オレゴンは、土曜日の18,438と前日からの残りを含む23,075の新たに投与された用量を報告しました。 現在の平均循環量は1日あたり29,334回です。

新しいケースが州ごとにある場合: ベントン(7)、クラッカマス(45)、コロンビア(3)、コズ(12)、クローク(6)、デショット(58)、ダグラス(7)、ジャクソン(15)、ジェファーソン(5)、ジョセフィン(6)、 Klamath(20)、Lynn(39)、Lincoln(3)、Lynn(39)、Malher(3)、Marion(90)、Multnomah(96)、Polk(9)、Washington(30)、Yamhill(14)

誰が死んだか: COVID-19に関連するオレゴン州死亡番号2586は、マリオン郡出身の74歳の男性で、4月29日に陽性であり、5月14日にセーラム病院で死亡しました。

オレゴン州死亡番号2587は、ジャクソン郡出身の88歳の男性で、4月22日に陽性と判定され、4月22日にプロビデンスメドフォードメディカルセンターで死亡しました。

両方の男性は根本的な病状を持っていました。

入院: COVID-19の確定症例を有する339人が入院し、土曜日より7人多い。 これには集中治療室にいる82人が含まれ、土曜日より7人多い。

私が始めてから: オレゴン州は、195,684人の確認または推定された感染症と2,587人の死亡を報告しており、これは国内で最も低い一人当たりの数の1つです。 現在までに、州は3,538,850のワクチン投与量が投与され、1,591,802人が完全にワクチン接種され、469,838人が部分的にワクチン接種されたと報告しています。

ヒョードルザルキン

[email protected]; 503-294-7674

READ  エルパソウォルグリーンの薬剤師が誤って女性にインフルエンザワクチンではなく、コビッドワクチンを接種した