Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オーストラリアから日本に試験積荷を出荷する世界初の水素タンカー

二酸化炭素を含まない水素供給チェーン技術研究協会(HySTRA)のロゴは、2021年1月22日、西日本の神戸空港島の水素受入基地に川崎重工業が建設した液化水素貯蔵タンクに見られます。写真:大林由香-ロイター

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

メルボルン(ロイター)-茶色の石炭から水素を生産する日系オーストラリア人プロジェクトは、COVID-19のためにほぼ1年遅れたテストで、金曜日にメルボルン近郊から神戸まで世界初の液体水素運搬船に乗って最初の出荷を出荷する予定ですパンデミック。

日本の川崎重工業(KHI)(7012.T)によって建設されたスイソフロンティアは、所有者が悪天候と荒波を避けようとしたため、予想よりも長い16日間の旅の後、日本の南部の神戸から金曜日に到着しました。 。 水素エネルギーサプライチェーン(HESC)と呼ばれるプロジェクトのスポークスマンは言った。

キングダムホテルインベストメンツが主導するHESCは、よりクリーンなエネルギーとより低い炭素排出量に移行する方法として、日本政府とオーストラリア政府によって支援された5億豪ドル(3億6000万ドル)のプロジェクトです。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

石炭、ガス、石油に基づく脱炭素産業への道として見られる水素は、2050年までに純ゼロ排出量を達成するという日本の目標の鍵です。オーストラリアは燃料の主要な輸出国になることを目指しています。

昨年、このプロジェクトは、メルボルンの東約135 km(84マイル)にあるビクトリア州のラトローブバレーにある1日あたり70kgのパイロットプラントで褐炭から水素を抽出し始めました。ここでは、褐炭鉱山がオーストラリアの一部に長い間供給してきました。 ほとんどの汚染された発電所。

水素は、二酸化炭素も生成するプロセスで、高熱と高圧下で石炭を酸素と蒸気と反応させることによって生成されます。 次に、水素は港のサイトにトラックで運ばれ、そこでマイナス253℃(華氏マイナス423度)に冷却され、輸出用に液化されます。

パートナーが最終的にプロジェクトを年間225,000トンまで拡大する場合、パートナーは、プロセスで放出された二酸化炭素をビクトリアビーチ沖の海底に埋めることによってカーボンニュートラルな水素を生産することを計画しています。

プロジェクトのオーストラリア側のパートナーには、日本電力開発公社(J-Power)(9513.T)、岩谷産業、丸紅、住友商事(8053.T)、オーストラリアのAGLエナジーが含まれます。 石炭。

(1ドル= 1.3906オーストラリアドル)

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

ソナリポールは報告します。 クリスチャンシュモリンジャーによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  親政府のツイッターアカウントと自民党のアカウントの奇妙な関係