Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オーストラリアが世界初の液体水素の出荷を日本に送る

金曜日にビクトリアのヘイスティングス港に停泊した貨物船SuisoFrontierは、世界初の液体水素の貨物を引き渡しました。 船の到着は、褐炭から生成された液化水素を見る日系オーストラリアの水素電力供給チェーンパイロットプロジェクトのマイルストーンであり、それ自体がエンジニアリングのマイルストーンです。 しかし、オーストラリア政府はこの製品を「クリーン」と表現していますが、専門家は、CCSは費用のかかる障害であることが証明されていると強調しています。

オーストラリアは、今週ビクトリアのポートヘイスティングスにSuiso Frontier船がドッキングし、1,250立方メートルの過冷却液体水素(-253°C)をラトローブバレーから神戸に輸送した後、世界初の液体水素(LH2)の輸出国になる予定です。 、 日本。

Suiso Frontierの登場は、5億ドルの次の段階を示しています 水素エネルギーサプライチェーン(HESC)パイロットプロジェクト、日本のJ-Powerと川崎重工業を含むコンソーシアムが主導し、ShellとAGLが主導し、日本、オーストラリア、ビクトリア州政府が支援する、褐炭から生成された液体水素を輸送するために特別に設計されたコンベヤーが表示されます。

にも関わらず 化石燃料の起源は時代遅れですただし、液化水素の物理的な移動は、進化する水素市場において歴史的な日です。

スコット・モリソン首相は、HESCプロジェクトはオーストラリアを世界のリーダーにする世界初のプロジェクトであり、ラトローブバレーで毎年225,000トンのクリーンな水素を生産することを目指していると述べました。

もちろん、モリソンはプロジェクトの炭素回収貯留(CCS)コンポーネントについて言及しています。これは、ギップスランドのCarbonNetプロジェクトの沖合貯留層で回収および貯留された褐炭の使用による二酸化炭素を示します。 したがって、この「クリーンな」水素は、2050年までに「ゼロ」排出量に到達するという日本の計画の鍵となります。

「オーストラリアの水素産業の成功は、排出量の削減、エネルギー生産の増加、地元での雇用の増加を意味します」とモリソン氏は述べています。 「HESCプロジェクトはオーストラリア、日本、そして私たちの水素産業の両方にとって重要です…昨年、私たちの国は私たちの野心を確認し、私たちが合意したときに低排出技術の開発を進めるために協力したいという共通の願望を確認しました 技術による脱炭素化に関する日豪パートナーシップ。「」

「HESCプロジェクトはオーストラリアを世界のエネルギー転換の最前線に置き、クリーンな水素による排出量を削減します」とモリソンは続けました。 モリソン政府は金曜日に、HESCのプレマーケティングフェーズに1億8400万ドル、ProjectCarbonNetの次のフェーズに2000万ドルを支援するために750万ドルを発表しました。 この資金は日本政府とビクトリア州政府に依存していますが、HESCパートナーに加えて、彼らも資金を提供しています。

オーストラリアの産業・エネルギー・排出削減大臣であるアンガス・テイラーは、Suisoフロンティアの到来は、排出量を削減するためのオーストラリアの「技術主導」アプローチのマイルストーンであると述べました。

テイラー副長官のティム・ウィルソンは次のように付け加えました。「国際エネルギー機関(IEA)は、水素需要が2030年までに倍増すると予想しています。今日の液化水素運搬船の登場は、オーストラリア人に新しい雇用と機会を生み出すクリーンエネルギー輸出の新時代を告げるものです。」

もちろん、上記のIEAチャートが明確に示しているように、電気分解によって再生可能エネルギーを使用して生成される真の「クリーンな」水素の需要は、化石燃料やCCSの使用からの水素の需要をはるかに上回ります。 しかし、オーストラリア政府は、IEAのデータに基づいて誤解を招くような発言をすることほど、グリーン水素の支援に熱心ではありません。

当然、 オーストラリアの鉱業界の大御所であり、Fortescue MetalsGroupの社長AndrewForrest それでも、グリーン水素が唯一の「クリーンな」水素であると主張しています。 に話しかける CNBC フォレスト氏は、世界中のエネルギー・気候大臣がCOP26で彼に電話をかけ、「灰色の水素」についての彼のレトリックを「緩和」するよう求めたと述べた。 フォレストは、排出削減技術が「証明されていない」ため、灰色または青色の水素についての言葉を和らげることはできず、化石燃料を完全に忘れるのに十分な再生可能エネルギーがあることを繰り返し述べました。

実際、世界最大のCCSプロジェクトは、西オーストラリア州にあるシェブロンのGorgonガスプラントであり、昨年、排出量の80%を回収するという環境目標を達成できなかったことが明らかになりました。 による報告によると ABC プロジェクトは目標にさえ近づきませんでした。ある見積もりによると、プロジェクトは、彼らが蓄えると約束した排出量の30%しか捕らえられなかったとのことです。

クリーンエネルギー評議会のCEOであるケンソーントンが強調するように、CCS技術が証明したことの1つは、「オーストラリアの老朽化した石炭火力発電所に統合するのは非常に高価で困難である」ということです。

彼はまた、「オーストラリアの納税者は、炭素の回収と貯留を支援するためにこれまでに費やされた10億ドル以上を提供することはほとんどなく、再生可能水素の海岸線を推進するためにその資金を振り向けることははるかに良い結果になるだろう」と述べた。

失敗したシェブロンCO2回収プロジェクトの発見は、「化石燃料部門でのCO2回収と貯留は費用のかかる失敗であることを改めて強調します…そして結果は驚くべきことではありません」と、気候評議会の上級研究員であるティムバクスターは述べています。 -10億ドルの投資で、示すことはあまりありません。過去10年間で、風力や太陽光などの再生可能エネルギーのコストは下がっています。同じ期間、CCSは非常に高額なままでした。」

バクスター氏は続けて、「CCSサービスを時間通りに、予算内で、または約束された量で提供したプロジェクトは、世界のどこにもまだありません」と続けました。 「CO2の回収と貯留は、気候変動を引き起こしている汚染化石燃料の寿命を延ばすための試みにすぎません。石炭、石油、ガスの燃焼から離れ、再生可能エネルギーと貯留で経済を動かす必要があります。」

オーストラリア国立大学(ANU)の気候、エネルギー、災害ソリューション研究所のエンジニアであるフィオナベックは次のように述べています。 液体水素の物理的移動は工学のマイルストーンですが、学者は最近査読された研究論文を指摘しました。 yCPのジャーナル これは、「クリーンな」日系オーストラリアのサプライチェーンがLH2を生成する排出量を調査し、化石燃料のLH2生成が続けば、オーストラリアは単に日本の排出量を吸収することを発見しました。 そしてこれは、両国の排出量を削減する完全に再生可能なプロセスです。

しかし、モリソン政府は225,000トンの 「クリーン」LH2 年間約180万トンの排出削減に貢献します。

ソース: PV.magazine

READ  中国における技術の台頭と戦うための米国の努力は「不十分」である