Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オーストラリアの離脱からわずか数週間後に、エディー・ジョーンズが日本ラグビー協会の新コーチに就任することが発表された | ラグビーユニオンニュース

オーストラリアの離脱からわずか数週間後に、エディー・ジョーンズが日本ラグビー協会の新コーチに就任することが発表された | ラグビーユニオンニュース

日本はエディー・ジョーンズ氏を2期目に再任した。 ジョーンズは、ラグビーワールドカップで初のプールステージ敗退を喫したオーストラリア代表を率いる悲惨な10か月を経て、イングランドで職を失ってから13か月後にブレイブ・ブロッサムズに復帰した。


2023 年 12 月 13 日水曜日、英国時間 17:30

エディー・ジョーンズがオーストラリア代表監督を辞任してから2か月も経たないうちに、日本の新監督として発表された。

ジョーンズは2027年ラグビーワールドカップに出場するための4年契約に署名し、1月1日からブレイブ・ブロッサムズの2度目の任に就く予定だ。

ジョーンズはイングランド代表を解任された1か月後、2023年の初めに5年契約でオーストラリアンラグビーに指名されたが、ラグビーワールドカップではワラビーズが初めてグループステージで敗退し、激しいプレッシャーにさらされた。 。

63歳の同氏は、オーストラリア代表監督としての仕事に「100パーセント全力で取り組んでいる」と主張したが、10月末にその職を辞し、現在は日本に戻っており、2012年から2015年までヘッドコーチを務めていた。 彼は1996年にアシスタントコーチを務めていました。

ジョーンズ氏は、2019年に日本を本拠地でのワールドカップ準々決勝に導き、フランス大会でプールステージで敗退し、退団した前任の後任者ジミー・ジョセフ氏の後任となる。

母親と妻が日本人である63歳の監督は、ワールドカップ決勝戦中のオーストラリア代表チームとのワールドカップ最後の親善試合の2日前に日本代表監督として面接を受けたとするメディアの報道を否定した。

昨年12月にイングランド代表チームの監督を解任されたジョーンズ氏は、ワラビーズを2003年ワールドカップ決勝に初めて導いた後、1月に母国に戻り、オーストラリア代表監督として2度目の任期を過ごすことになった。

ジョーンズ監督は即座に、オーストラリアがフランスでのワールドカップで3度目の優勝を果たすだろうと語ったが、ワラビーズが大会までのテストマッチ5戦全敗だったことからすると、この主張は滑稽に思えた。

ワラビーズは2023年、ジョージア戦とポルトガル戦に2勝、9回のテストで7敗を残し、世界ランキング9位でシーズンを終える。


写真:
エディー・ジョーンズが初めて日本代表を指揮したのは、2015年ワールドカップでの南アフリカに対する有名な勝利によって特徴づけられた。

しかし、ジョーンズは2015年のワールドカップでブレイブ・ブロッサムズを率いて南アフリカを見事な逆転勝利に導き、日本では今でも高く評価されている。

ジョーンズ氏の日本帰国の理由は何でしょうか?


写真:
JRFU会長の土田正人氏(右)は1996年以来ジョーンズ氏の親しい友人である

日本ラグビー界のトップは土田正人氏で、ジョーンズ氏とは約27年前から親交が深い。

土田氏が2022年にJRFUの新会長に就任すると発表されたとき、土田氏は就任声明の中で特にジョーンズ氏に言及し、土田氏が2015年にJRFU理事に就任した際にジョーンズ氏がいかに「日本ラグビーを積極的に発展させた」かを指摘した。

土田とジョーンズが初めて友人になったのは1996年で、ジョーンズは日本代表チームのアシスタントコーチ、土田はサントリーのコーチで次期日本代表のストライカーコーチだった。

土田氏はそれ以来サントリーの取締役会に留まり、ジョーンズ氏は2009年から2012年までヘッドコーチを務め、現在も有利な顧問の役割を担っている。

衝撃的な結果とパフォーマンスにもかかわらず、ジョーンズ氏は、システムが変わらないという事実のため、オーストラリアのヘッドコーチを辞任する以外に選択肢はなかったと主張した。 これは、ジョーンズが国内のすべてのクラブの選手のプレー時間を管理できる集中システムを構築するという意図を暗示していた。

興味深いのは、ジョセフ氏が2023年ワールドカップ後に日本代表監督を辞任することを受けて、土田氏が「新監督には高校、U-20からトップレベルまで、あらゆるレベルを監督してもらいたい。それができる人が欲しい」と語った。 大学ラグビーも含めて一貫して」というシナリオと、ジョーンズが望むコントロールとパワーの点でそれを超えている。

READ  ベレストはオランダを排除し、フランスを準決勝に進出させる勇気を持っています。 女子ユーロ2022