Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オーストラリアは低排出技術に4億3650万ドルを約束

オーストラリアのスコット・モリソン首相が2020年11月17日に東京の羽田空港に到着。

スコット・モリソン首相は、キャンベラの二酸化炭素排出量削減への取り組みを実証するために、オーストラリアがグリーンテクノロジーの研究とパイロットプロジェクトに共同出資するために5億6,580万ドル(4億3,650万ドル)を費やすと述べた。

一人当たりの最大の炭素排出国の1つであるオーストラリアは、米国大統領ジョー・バイデンが今週気候サミットを開催するため、温室効果ガス排出量を削減するという圧力が高まっています。

モリソンは、オーストラリア経済への損害のリスクを理由に、2050年までに正味ゼロ排出目標を守るという世界的な呼びかけに抵抗しましたが、木曜日に、英国、日本、韓国、ドイツのパートナーとの合計5億6,580万豪ドルの投資を約束しました。

ロイターが閲覧した広告の抜粋によると、「私たちは友人や隣人と緊密に協力して、経済成長を促進し、雇用を創出し、エネルギーコストを削減しながら、テクノロジーを通じて排出量を削減する世界的な取り組みに参加します」と述べています。

計画に詳しい筋によると、共同投資パートナーには政府や民間企業が含まれるという。

モリソンは、国際的なパートナーはオーストラリアが研究と実験プログラムに費やす金額の3倍から5倍を投資すると言うでしょう。

来月発表されるオーストラリアの予算から割り当てられる支出は、気候変動の公約を果たすために低排出技術に投資するために創設された180億豪ドルのキャンベラ基金から明らかにされる最新のものです。

世界パリ協定は、オーストラリアが2030年までに炭素排出量を2005年のレベルより26%〜28%削減することを義務付けています。政府は、この10年間に180億豪ドルの技術支出を通じて29%の削減を達成すると見込んでいます。

オーストラリアが180億ドルをどのように使用するかについての最初の詳細は、モリソンが彼の政府が水素と炭素の回収プロジェクトの開発に5億3,920万ドルを費やしたと言った水曜日に来ました。

しかし、これが米国を満足させるかどうかはまだ分からない。

今週、米国務長官のアントニー・ブリンケンは、彼の外交官は、気候変動と戦うための努力を妨げてきた国々に挑戦すると述べた。 続きを読む

(1ドル= 1.2963オーストラリアドル)

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本の大雨により500万人以上が避難しました