Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オーストラリアは防衛技術分野でのAUKUSとの協力を日本に期待している

オーストラリアは防衛技術分野でのAUKUSとの協力を日本に期待している

リチャード・マールズ副首相兼国防大臣は最近のインタビューで、オーストラリアは将来の防衛技術の開発に関して米国や英国も参加するAUKUS安全保障パートナーシップに日本が協力することを望んでいると述べた。

マールズ氏は、オーストラリアがキャンベラに原子力潜水艦を引き渡すというAUKUSの主力プロジェクトへの東京の関与を排除する一方で、オーストラリアが技術開発に関して「日本とより緊密に協力」したいと述べ、アジアの国が「イノベーションの地」であり、そしてそうであることを認めた。 「テクノロジーの最先端で。」

同氏は共同通信のインタビューで、「今後の共同協力という観点から、米国、英国、オーストラリアの3カ国と日本との間でより高いレベルの協力について話し合うのは自然なことだと思う」と述べた。 オーストラリアの首都にて。

2024年2月13日、オーストラリアのキャンベラでインタビューに答えるオーストラリアの副首相兼国防大臣リチャード・マールズ。 (共同)

AUKUSは、インド太平洋地域における中国の主張が強まる中、米国とその同盟国が安全保障協力を強化する中、2021年に発足した。 第 1 の柱は原子力潜水艦の取得に焦点を当てており、第 2 の柱は人工知能や極超音速ミサイルなどの分野におけるさまざまな高度な能力の開発を目指しています。

AAUは第2の柱において同盟国やパートナーとの連携に前向きだが、マールズ氏は、AAUは引き続き「三国間で新しい革新的な技術に取り組むことに非常に重点を置いている」ため、日本との協力はすぐには実現しないだろうと述べた。

「第2の柱がより成熟するにつれて、それには数年かかるだろう…その時点で、これに関して日本とどのように協力できるかを検討する機会があると思う」と同氏は述べた。

カナダとニュージーランドも、第 2 の柱に関して AAU 加盟国と協力することに関心を表明している。

日本政府も原子力潜水艦の取得を検討すべきかという質問に答えて、オーストラリア大臣は、この問題は「日本の問題」であり、「あえて意見を求めるつもりはない」と述べた。

マールズ氏は、オーストラリアは「我が国の戦略的ニーズを考慮して」決断を下したと述べ、他国から遠く離れた島国として「我が国は長距離で能力の高い潜水艦を切実に必要としている」と指摘した。

マールズ氏はキャンベラと東京の二国間防衛関係について、「オーストラリアと日本が今ほど戦略的に連携していることはない」と述べた。

同大臣はまた、日本が敵地の目標を攻撃する能力の獲得を目指している中、日本が広大なオーストラリア大陸を長距離ミサイルの実験場として利用する可能性を歓迎した。

同氏はオーストラリアの長距離実験場について「我が国の訓練場は世界最高の一つであり、日本と協力することに非常に熱心であり、日本にはそれらを利用する機会があると考えている」と述べた。

平和憲法を堅持する国の防衛政策の大きな転換として、日本は地域の安全保障環境が厳しい中、2022年末までに「対抗能力」を獲得することを約束した。 この目的のために国産の長距離ミサイルを開発し、米国製のトマホーク巡航ミサイルを購入する計画だ。

オーストラリアと日本は近年、両国間の防衛要員の迅速な配備を可能にする相互アクセス協定に署名するなど防衛協力を強化しており、昨年8月に発効した。

マールズ氏は関係強化に向けた両国の「強い野心」を強調し、オーストラリアは協力の「ペースを速めることに熱心」だと述べた。


関連報道:

日本とオーストラリアは軍事緊急事態における協力について協議を行っている

バイデン氏、インド太平洋地域の抑止力強化のため8860億ドルの国防法案に署名


READ  G7加盟国は再生可能エネルギーをめぐって互いに競争すべきではない=フォンデアライエン