Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オートレースに参加する水素エンジン搭載車

日本では、新しいタイプの環境にやさしい車がカーレースに参加しています。 車はトヨタによって開発され、水素エンジンを搭載しています。 電気自動車がカーボンニュートラルを達成するための自動車メーカーの努力によって推進され続けているので、競馬場での彼らの最初の出現は来ます。

静岡県で土曜日に24時間耐久レースが開幕した。
参加者の中には水素自動車が含まれていました。
車は二酸化炭素をほとんど生成しません。 これは、エンジンがガソリンの代わりに水素と空気の混合物を燃焼させるためです。
トラックを走り回っていたとき、時速約200キロメートルの速度に達しました。

トヨタ自動車の豊田章男社長がハンドルを握っていた。 豊田氏は、このレースが、水素を動力源とし、炭素を含まない社会が日本でどのようになるかを人々に示すことを望んでいると語った。

トヨタは電気自動車や電気自動車を開発しています。 しかし、同社はガソリンエンジンの製造過程で習得した専門知識とスキルを維持する方法も研究しています。

ガスエンジンは、複数のメーカーから供給されている約10,000個の部品で構成されています。
電気自動車への突然の切り替えがこれらのメーカーを危険にさらす可能性があることを恐れる人もいます。

トヨタは、カーボンニュートラルな社会の実現を目指しながら、エンジン技術を使い続ける方法を模索しています。

日本の自動車会社マツダとドイツの自動車メーカーBMWは、かつて水素エンジンを搭載した自動車も開発しました。 ただし、これらの車は現在販売されていません。 水素輸送の高コストとガソリンスタンドの欠如が課題であることが証明されました。

トヨタは、その車両が将来的に水素関連インフラのコストを削減するのに役立つかもしれないと言います。
自動車メーカーはまた、水素を動力源とするトラックやバスを製造するための技術の使用を最終的に拡大することを望んでいると述べています。

READ  デジタル化とよりグリーンな社会を求める日本の成長戦略草案