Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オールブラックスと日本は歴史的な契約の後、複数回対戦している | スポーツ

オールブラックスと日本は歴史的な契約の後、複数回対戦している | スポーツ

ウェリントン、ニュージーランド(AP通信)―オールブラックスと日本は、ニュージーランドと日本のラグビー協会が署名した協定に基づいて定期的にテストマッチを行うことになり、これも世界的なクラブ競争に向けたたどたどしい第一歩となる可能性がある。

両協会間の覚書により、両国はニュージーランドでスーパーラグビーフランチャイズの日本リーグ1プロトーナメントのクラブと試合を行う機会を模索することになる。

これらの試合は、フィジー・ドルア、モアナ・パシフィカ、そしてオーストラリアとニュージーランドからそれぞれ5クラブが参加する現在のスーパーラグビー・パシフィック枠の外で行われる。 日本と南アフリカの有力フランチャイズのチームは以前スーパーラグビーに参加していたが、パンデミックによるロックダウンを受けて復帰しなかった。

日本でのクラブ試合が成功し、オーストラリアなど他の国も参加を求めれば、世界クラブトーナメントの早期枠組みが提供される可能性がある。

一方、両国は今後3年間、ニュージーランド・オールブラックス、マオリ・オールブラックス、ジャパン・テストチーム、日本代表Vによる年央試合をさらにスケジュールすることを約束した。

ワールドカップで3度優勝しているオールブラックスと日本は、ラグビーがプロとなった1995年以来、公式テストマッチでわずか5試合しか対戦していないが、直近では昨年オールブラックスが38対31で勝利した。

ニュージーランドのセブンズチームと女子チームも、日本のチームとより頻繁に対戦する可能性がある。 日本の女子チームもニュージーランドの地域大会やスーパーラグビーのトーナメントに出場できる可能性がある。

NZRのマーク・ロビンソン最高経営責任者(CEO)は水曜日、「このMOUは、私たちの黒人チーム、ビジネスパートナー、その他のプロチームや競技会が緊密に協力する機会を提供してくれる」と述べた。 「目標は、男女の競技会が長期的にどのように連携できるかを検討しながら、スペクトル全体のチームがより多くの定期的な試合を行うことです。」

日本ラグビー協会の岩渕健介会長は、この協定がアジアにおけるラグビーの成長に役立つことを期待していると述べた。

「NZRとJRFUは緊密に連携し、日本とニュージーランドで行われる、または日本とニュージーランドのチームが参加する既存のラグビー大会の伝統、競技力、事業運営を保存し、尊重することの重要性を認識している」と同氏は述べた。

ニュージーランドの著名な選手の多くはすでにJ1リーグでプレーしているか、今年後半にフランスで開催されるワールドカップ後にJ1リーグでプレーする予定だ。 オールブラックスのプレーメーカー、ボーデン・バレットとリッチー・モウンガは、ワールドシリーズが終了すると日本のクラブに加わることになる。

新しい協定により、ニュージーランドの選手たちは日本でプレーする機会を利用しやすくなる可能性がある。


APラグビーの詳細: https://apnews.com/hub/rugbyhttps://twitter.com/AP_Sports

著作権 2023 AP通信。 全著作権所有。 この素材を許可なく出版、放送、書き換え、または再配布することはできません。

READ  フォーミュラ 1 ライブ予選: マックス フェルスタッペンが US GP の 3 回目のプラクティスで最速