Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

オールブロックスグレートリードは彼が日本に政府を持っていたと言います

ポストする: 変更:

ウェリントン空港(AFP)

元オールブラックスのキャプテン、キーラン・リードは金曜日、日本でプレーしている間、コロナウイルスのファンであったが、東京オリンピックをサポートしたことを明らかにした。

トヨタヴェルブリッツとの契約を締結した後、今月引退したリードは、今年初めにシーズンが延期されたときにテストで陽性だったと語った。

「私のクラブは入り江を通り抜けました、私はそれを持っていました-私たちは数週間の孤独を持っていました」とリードはニュージーランドのニューストックZPに語りました。

「それほど悪くはない、ある日かそこら気分が悪かった、ごめんなさい、それから私は元気だ。私たちのチームは半分になり、いくつかのクラブにやって来たので、彼らはシーズンを延期した。」

ウイルスに感染したにもかかわらず、リードはゲームが起こると信じており、日本の国民の支持を得ていた。

「日本人はとても親切です。私は6か月間マスクを着用し、どこに行っても誰もがそれをします。

「彼らは多くの投資が行われているのでオリンピックで進歩を遂げたいと思っていますが、彼らはそれがそれが何であるかよりも大きいことを理解しています。」

日本の世論に対するリードの評価は、ほとんどの人が2020年のゲームをさらに遅らせるかキャンセルすることを望んでいることを示す世論調査と矛盾しています。

日本は東京や他の地域との緊急事態の第4の波と戦っています。

READ  2021年日本オリンピックトライアル5日目ファイナルライブライブ