Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

カタールの日本海洋掘削会社とのノースオイルアワード契約-ドーハニュース

日本企業は、カタール北東海岸沖のアルシャヒーン油田に掘削リグを供給する予定です。

カタールに本拠を置く原油・天然ガス会社は、日本海洋掘削会社と3年間の契約を結びました。

日本の会社は、カタールの北東海岸沖にあるアルシャヒーン油田にオフショア掘削リグを供給します。

白竜-10と呼ばれる掘削リグは日本海洋掘削会社が所有しており、カタールを拠点とする会社との既存の契約を継続して、ノースオイルとの新しい契約が2022年の第2四半期に開始されると述べています。

日本の掘削会社はまた、ノースオイルで稼働している2番目の掘削リグである白竜-12を持っています。

ノースオイルは、カタール最大の油田であるアルシャヒーン油田を運営するトータルとカタール石油(QP)の国家資金による合弁事業です。

また読む: 主要なエネルギー会社がカタールのLNGプロジェクトへの出資を申請しました

カタール国営石油会社は、湾岸諸国が2030年までに液化天然ガスの最大の生産国として復帰する準備をしているため、液化天然ガスの主要サプライヤーとしての地位を確立するための取り組みを強化しています。

3月、国営企業は、世界最大のLNGプロジェクトである287億ドルのカタールノースフィールド拡張プロジェクトの一環として、サムスンC&Tと19億ドルのLNG契約を締結しました。

このプロジェクトは、カタールのLNG生産能力を2025年までに年間7,700万メートルトンから年間1億1,000万メートルトンに引き上げる予定です。

QP また、来年からカタールガスの唯一の所有者になることも発表しました。


READ  日本式バーは赤字を記録したが、ファーストフードチェーンの売上高は大幅に増加した