Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

カナダがフィンランドを破り、日本がオリンピックのアイスホッケーでデンマークを破る

カナダの女子アイスホッケーチームは、土曜日の北京冬季オリンピックで、フィンランドを11対1で破り、グループAで2度目の優勝を果たしました。

日本もグループBでデンマークを6-2で下した後、2試合連続で勝利した。

サラ・フィリエは、木曜日にスイスを12-1で下したカナダに良いスタートを切るために、オープニングホイッスルのわずか1分後に得点を挙げました。 ブリアン・ジェナーとサラ・ナースの両方がカナダで3つのゴールを決めました。

世界ランキング3位のフィンランドチームは、世界No.に対して2勝1引き分け、85敗でした。 2この試合前の全期間の代表チーム会議でのカナダ。 ミンナマリ・トゥオミネンは、第1ピリオドの18分にフィンランドの唯一のゴールを決め、2022年の北京で2敗を喫しました。

「次のゲームはもっと上手くなります。 今日のカナダは本当に強かった。 この試合を忘れて楽しみにしている」とフィンランドのジュウソ・トイボラ監督は試合後に語った。

世界ランキング6位の日本チームは、第1期に3-0でリードし、第2期の初めに4-0にリードを広げた。

デンマークのフォワード、ミア・バウが30分にパックをネットに入れ、キャプテンのジョセフィーン・ヤコブセンが試合の最後の瞬間に得点を挙げた。

「私たちはがっかりしています。 私たちは最初の期間に日本にゲームを与えたと思います。 一番いいスタートだったと思いますが、残念ながら3ゴールをあきらめてゲームに入れてしまい、跳ね返りにくい」とヤコブセンは語った。

他の場所では、ディフェンディングチャンピオンの米国がグループAでロシアオリンピック委員会(ROC)を5-0で下し、チェコ共和国がスウェーデンを3-1で下してグループBで2連勝しました。

2020年のIIHF女子世界ランキングによると、予選ラウンドのグループAには、米国、カナダ、フィンランド、ROC、スイスの上位5チームが参加しています。 グループBは、日本、チェコ共和国、スウェーデン、デンマーク、そして開催国の中国で構成されています。 グループAチームと上位3つのグループBチームが準々決勝でプレーします。

READ  日本の十代の若者たちの野生の夜の上ラグビー