Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

カブスが日本の人気投手ロッキー佐々木をスカウトしているとの報道 – NBCスポーツ・シカゴ

カブスが日本の人気投手ロッキー佐々木をスカウトしているとの報道 – NBCスポーツ・シカゴ

シカゴ・カブスは昨オフシーズンに貴重なフリーエージェントの山本由伸を獲得し、今永昇太と契約したと噂されていたが、新しい報道によると、チームはまだ日本に助けを求めているという。

夜京コスモポリタン紙によると、人気投手ロッキー佐々木が前回の出場で111球を投げたため、カブスは出席した5チームのうちの1つだった。

報道によると、ドジャース、レンジャーズ、カージナルス、レッズが試合にスカウトを派遣したという。

佐々木はまだ22歳だが、すでに千葉ロッテで4年目を迎えている。 佐々木は合計53試合に出場し、21勝10敗、キャリアハイとなる防御率1.91という成績を残した。 彼は315.2イニングで4三振を奪い、WHIPは.833だった。

もし佐々木がこの冬に雇用されれば、彼は市場で最高のフリーエージェント投手の一人になる可能性が高く、カブスが投手ローテーションにおいて厳しい決断を必要とする時期にちょうど間に合うように到着することになるだろう。 カイル・ヘンドリックスはシーズンの終わりにフリーエージェントになる予定で、ケイド・ホートンが定期的にメジャーリーグにジャンプする可能性が高いため、カブスはローテーションに長期的な腕を追加することを検討する可能性があります。

カブスはここ数シーズン、日本でのスカウティングを最優先にしており、過去3シーズンにわたって鈴木誠也外野手と今永を獲得した。

Cubs Talk ポッドキャストをフォローするにはここをクリックしてください。

READ  ラルフ・ラングニックがマンチェスター・ユナイテッドで一時的な仕事に就き、成功に焦点を当てる| マンチェスターユナイテッド