Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

カリフォルニア州の受刑者は、医療維持の学位を取得して卒業します

米国は、スタジアムやアリーナなどの大規模施設を、 新しいクリーニング証明書 そして、夏の観客をこの夏のCOVID-19から安全に保つのに役立つ消毒方法。 しかし、安全当局は 夏最大のスポーツイベントであるオリンピックへの懸念AP通信によると、7月23日に東京でオープンする予定です。

国際オリンピック委員会(IOC)によると、東京では200を超える国と地域から15,000人を超えるオリンピックおよびパラリンピック選手がこのイベントに参加する予定です。 また、出席します 他に59,000人 コーチ、ジャッジ、役員、放送局、メディア、アスリートの家族など。 全体として、東京への入国予定者の総数は93,490人であり、主催者によると、それ以降の当初の予測である18万人よりも50%少ないとのことです。 外部の観客は禁止されています 試合に参加することから。

国際オリンピック委員会は、オリンピックに参加するために予防接種は必要ないと述べていますが、委員会はすべてのアスリートが完全に予防接種を受けることを奨励しています。 より多い アスリートの80% 東京湾の選手村に住むスタッフは予防接種を受け、感染のリスクを減らすために社会的な「バブル」にとどまり、試合から2日以内に日本を離れる予定です。

施設とスポーツ当局は、東京オリンピック期間中、世界保健機関(WHO)のガイドラインに従います。 スタジアム周辺の道路はすでに閉鎖されています。 AP通信によると、東京市と日本の他の地域は6月20日まで非常事態にとどまるでしょう。 組織委員会の武藤敏郎最高経営責任者(CEO)は、日本に入るメディアは、安全規則に従っていることを確認するために、携帯電話を介してGPSで監視できると述べた。 「GPSを使用することができ、彼らがビジネスの目的地以外の場所に行く場合、それは非常に明確になります」とモトは言いました。 「14日後、彼らは通常のメディア活動と報道に参加することができます。」

日本の医療関係者と国民の50-80%は、オリンピックが「スーパースプレッダー」イベントになることを恐れて7月のオリンピック開催に反対し、オリンピックの中止を求めています。 恐れが大きくなるにつれて、80,000のうち10,000 ボランティアは無給で撤退しました ゲームの数と40,000のうち3,500 市のボランティアも撤退しましたロイターは報告します。

しかし、オリンピック組織委員会の橋本千郎会長は、 イベントはアスリートにとって安全です政府のガイドラインは、 場所の地元のファン. 「世界中のアスリートが安全に参加し、国民の生命と健康を守るために、アスリートとゲーム関係者の感染管理措置を講じることは、(オリンピック)契約の基礎であると私は信じています」と菅首相は議会に語った。以前の議員。 今月。



READ  奇妙な斑点のある金属の星が時速200万マイルで天の川から渦巻く