Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

カルティのタミル映画はどのように終わりましたか?

カルティのタミル映画はどのように終わりましたか?

悲惨な 最新のタミル語感覚、 日本、ファンは興奮と憶測でいっぱいになりました。 この大ヒットストーリーは、ジャパン (カルティ) という名前のユニークな泥棒を中心に展開します。 彼は一連の予期せぬ紆余曲折を経験し、ファンは彼が生き残れるかどうか疑問に思った。

日本がこの強盗の背後にいるのか、彼は最終的に死亡したのかなどを調べてみましょう。

災害映画で何が起こったのか?

このエキサイティングな物語は、一か八かの宝石強盗から始まり、日本が最有力容疑者として注目を集めます。 法執行官のシュリダールとカルッパサミーは、悪名高い泥棒を捕まえようと急ぐ。 その結果、視聴者はサスペンスと興奮に満ちた旅をすることになります。

シュリダールは型破りな方法を使い、任命された警察官カルッパサミーは事件を解決するために思いがけない同盟を結ぶ。 彼らは一緒に、バッジの付いた特徴的な金貨を含む、大規模な強盗への日本の関与を示す手がかりの痕跡を追跡します。

映画が進むにつれて、観客は日本の多面的な性格を垣間見ることができます。 変装の名手で慈悲深い泥棒である日本が、犯罪者の固定観念に挑戦します。 非難の高まりにもかかわらず、日本の慈善活動的な側面が明るみに出た。 結局のところ、彼は定期的に不正に得た利益を恵まれない人々に分配していました。

間もなく、彼のエイズ診断の暴露に直面している日本が彼の忠実なパートナーであるイソの裏切りに直面し、陰謀はさらに濃くなっていく。 さらに、日本人の性格に注入された弱さは、私たちに彼の道徳的指針の再評価を強いています。 全体として、国民は同情と非難の間で引き裂かれたままになった。

映画のクライマックスはロイヤル ジュエリー カンパニーの大規模強盗事件を中心に展開し、物語全体の形を変える転換点となります。 スリダルは下心をもって日本を陥れ、どんな犠牲を払ってでも捕らえる計画を画策する。 しかし、最初の暴露は日本とシュリダールの間の緊迫した対立の最中に行われた――王家の宝石の盗難は日本の犯行ではなかった。

結局日本は滅んだのか?

運命のいたずらで、彼を罠にはめるための緻密な計画を指揮したのは日本の元弟子ガンガダルだったことが判明する。 全体として、日本がカルッパサミと協力して、これらの枠組みの背後にある本当の人形遣いを暴くために精力的に取り組んでいるにつれて、欺瞞の複雑な網がより明確になっています。

一か八かのいたちごっこの中で、彼とカルッパサミーはガンガダルを占領するために力を合わせます。 追跡は激化し、ラムジ・ナガーで劇的な出会いがもたらされる。 その結果、パワーバランスは劇的に変化します。

しかし、啓示はそれだけではありません。 王家の宝石盗難の首謀者は店主ミテシュその人であることが判明。 経済的に問題を抱えているミッチは、政治的影響力を維持するための計算高い行動として強盗を画策する。

最後に、クライマックスは感動的な展開を迎えます。 日本は彼の過去とその行動の結果と対峙する。 結局、彼は無実のラデを犠牲にするか、新たに見つけた原則を貫くかの選択を迫られる。 全体として、ラッドの家族への愛は母親への愛を思い出させました。

その結果、彼は自分自身を犠牲にし、窃盗のために命を落とします。 彼は来世での救いを望んでいます。 母親を救おうとする必死の試みに根ざした彼の複雑なバックストーリーが、この映画をユニークなものにしました。

日本では現在ストリーミング中です Netflixで

READ  待望のファイナルファンタジーXVIが6月に発売