Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

カンヌへのオリンピック旅行での日本の映画ベテラン河瀨直美

1997年カンヌ映画祭でゴールデンカメラ賞を受賞し、他にも何度も映画を上映している日本人作家、川成直美が水曜日に上映される「東京2020オリンピック側の公式映画」で映画祭をすばやく訪れます。夜。

長編ドキュメンタリー「サイドA」は、アスリートに重点を置いています。 川瀬の次のプロジェクト「サイドB」は、より広いネットを投げかけ、川瀬が日本社会のターニングポイントと呼んでいるものを捉えています。

映画はあなたを選びましたか? それともあなたはそれを選びましたか?

国際オリンピック委員会はこれを行うために私を雇いました。 私は国際オリンピック委員会によって選出または指名されました。 彼らは、特定の口径の映画監督である世界的なリーチを持つ誰かを望んでいました。 カンヌ映画祭のティエリー・フレモーは、決定に深く関わっていました。

なぜスポーツドキュメンタリーを作りたかったのですか?

幼い頃からスポーツに深く関わり、若い頃はバスケットボール選手でした。 私は常にスポーツとそれが提供する希望、情熱、強さに触発されてきました。 スポーツの試合を観戦するたびに、パフォーマンスの背後で起こっていることをすべて知っているので、とても感情的になります。 表面下にあるその人間性は、私が自分の映画で探求し、捉えたかったものです。

この映画は、東京でのオリンピックの準備と準備、それらに対する一般的な抵抗、そしてコロナウイルス危機の始まりなどの他の側面をカバーしています。 この全体論的な見方の背後にあるものは何ですか?

これがまさに、それぞれ2時間の長さの2本の映画がある理由です。

撮影するのはクレイジーな時間でした。 それは世界的な健康危機、パンデミック、封鎖の真っ只中にあり、200カ国から2万人の人々とアスリートが招待されました。

それは日本オリンピック委員会にとって大きな課題でした。 たくさんの質問がありました。 そして、誰も本当に答えを持っていませんでした。 JOCが直面しなければならなかった謎、闘争、そして挑戦は、私が探求したかったものでした。 これは、2番目の映画「サイドB」で特に焦点を当てています。 オリンピックの開会式に間に合わない。

サイドAはスポーツサイドについてです。 それは必ずしも金メダルの勝ち負けの話ではなく、オリンピックの舞台に立つためにアスリートと彼らが乗り出した旅の話です。

より具体的には、私たちの焦点は女性アスリートにあります。 オリンピックに至るまでの数年間に出産した可能性のある女性、家族の世話をするエリートアスリートであることと母親であることの二重性。

これは、スポーツに対する伝統的な男性優位の見方を意図的に再調整したものでしたか?

はい、これらの女性に主な焦点がありますが、映画はより微妙です。 それは特にセックスについてではなく、陸上競技の下での人についてだけです。

それは彼の時代の重要な記録です。 私が記録したかったことの1つは、今日の日本社会における日本人女性の旅でした。 日本の女性であることの挑戦と期待を克服する。

主なターニングポイントは、共同運営委員会のメンバーの半数以上を日本人にするという共同運営委員会の決定でした。 [Mori Yoshihiro, president of the Tokyo 2020 Olympics, was also replaced after making outrageously sexist remarks about women athletes.]

最近、と会話をしていました [French filmmaking legend] クロード・ルルーシュ、1972年ミュンヘンオリンピックの映画製作者 [and also for the 1968 Grenoble Winter Olympics]。 私たちは、大きな否定性と大きな闘争の時でさえ、美しく前向きな何かが現れることに同意しました。

これらのオリンピックは、日本社会にとって非常に困難な時期でした。 それは、日本社会の表面下にあった多くのことが表面化したときに起こりました。 おそらくそれは日本社会のターニングポイントでした。 これはまさに私たちが文書化したかったことです。

ある時点で日本国民はゲームに強く反対していましたが、ゲームが始まる頃には意見が変わりました。 ターニングポイントは何でしたか?

ターニングポイントは1つもありませんでした。 それはたくさんのものでした。 私は、特に委員会のメンバー、フェミニストの問題について、日々の喧噪、挑戦、そして闘争に焦点を戻したかったのです。 この責任を引き受けた政府関係者も、日本がこれらのゲームを開催することを約束しました。

この責任と義務の考えについては、信じられないほど日本人がいます。 日本国外では十分に理解されていないかもしれません。 あなたが何を決めるかという考えは、あなたが見通さなければなりません。

そしてもちろん、オリンピックが開催されると、人々はその運動パフォーマンスに感銘を受けました。 もう一つのターニングポイントは、日本の国民がスポーツショーに対して感情的になった方法だったと思います。

家庭、家族、いわゆる「女性のテーマ」について多くの映画を制作してきた映画製作者として、日本の映画業界で浮上していると思われる現在の#MeTooムーブメントについてどう思いますか?

日本の映画産業では振り子が揺れています。 議論はとても感動的になりました。 しかし、多くの場合、現在の気候は非常に白黒で、女性対男性であり、非常に二極化しています。

もちろん、日本の映画産業を変えるためには、見直さなければならないことがたくさんあります。 女性が指導的立場にあり、取締役会のメンバーである必要性。 映画祭や制作会社でも。 多様性の感覚がなければなりません。

そして、あなたは女性であるため、特定の方法で考えることが期待されています。また、男性であるため、これやあれになることは想定されていません。 この思考の二極化には問題があります。 人間に戻って話ができたらいいのにと思います。

2本の映画は、国際オリンピック委員会、東京オリンピック委員会、木下グループから委託されました。

READ  東日本出身の女性が221匹の犬を恐ろしい状態に保つための裁判に直面している