Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

カンヌ2022年:日本の映画は高齢者のための安楽死の恐ろしい考えを探ります

日本の映画製作者は、高齢者が急速に高齢化する人口の課題を解決するために安楽死に同意しているため、カンヌの観客を自国のディストピア的なビジョンで根底から揺さぶっています。

日本の監督兼作家の早川千氏による「プラン75」は、非常に現実的な問題に基づいています。

日本は最も高齢化が進んでいる産業社会であり、減少する若者が増え続ける高齢者の軍隊を支援しなければならないため、大きな経済的および政治的問題を引き起こす傾向です。

日本の人口の約30%は65歳以上であり、そのほとんどが女性であり、この割合は今後数十年にわたって上昇し続けると予想されています。

この映画では、75歳以上の人は誰でも、安楽死への同意と引き換えに多額の金を受け取る政府との契約を結ぶことが奨励されています。 大量葬儀は無料で行われます。

また読む:カンヌ2022でトムクルーズのジョブモンタージュから誰が削除されたと思いますか?

落ち着いた声の人々からの広告キャンペーンと電話は、人々にサインアップさせる努力の一部です。 ハンサムなアドバイザーは、候補者がお金で買うことができる小さな喜びをリストします。 誰かが「あなたはレストランに行くことができるでしょう」と言います。

早川氏はAFPとのインタビューで、「政府の計画75は、一見、善意、親しみやすさ、実用主義に満ちているが、実は非常に残酷で恥ずべきことだ」と述べた。

「人口の高齢化は最近の問題ではありません。私はいつも人々がそれについて議論しているのを聞いています」と彼女は言いました。

45歳の女性は、「私が若い頃、長寿は良いことだと考えられ、人々は年長者を尊敬していました。もはやそうではありません」と付け加えました。

-「残酷で寒い」-

早川初の長編映画「プラン75」は、カメラの動きを最小限に抑えたスローモーションシーケンスが満載です。

「私は、計画自体と同じように、画像が美的で美しく、クールで過酷なものであることを望んでいました」と彼女は言いました。

彼女のシナリオが今日の日本の現実にどれほど近いかを尋ねられたとき、早川はすぐに「10のうち8」と答えました。

また読む:ディーピカー・パーコーンは、カンヌ映画祭2022でデビューするとき、見事に見えます

彼女は、映画の研究の一環として先輩にインタビューしたところ、多くの人が人生を終える準備をしているときに経済的安全を購入するというアイデアにメリットがあることを発見したと述べました。

「それは、彼らが一人で生き残った後、どうやって生き残ることができるのか疑問に思うストレスを和らげるでしょう。彼らの死の瞬間と方法を選ぶことは非常に安心することができます。」と彼女は言いました。

彼女は、このアプローチは若い世代の間でも支持を得るだろうと言いました。

「そのような計画が今日テーブルにあるならば、私は多くの人々がそれを受け入れ、実行可能な解決策としてそれを歓迎するだろうと思う」と彼女は言った。

「ほとんどの若者は、人生の終わりがどのようになるかについてすでに心配しています。彼らの基本的なニーズは満たされますか?彼らは一人で生き残ることができますか?彼らは老後の費用を支払うことができますか?」 彼女は言いました。

また読む:ストレンジャー・シングス4:ブレナー博士とのイレブンと彼女の血なまぐさい過去についての新しい予告編-見る

早川氏は、政府を非難するのではなく、多くの若者が高齢者に憤慨していると述べた。

「彼らは高齢者を支援するために一生懸命働いているのでイライラして怒っていますが、彼らは彼らの番になると彼らを支援する人はいないかもしれないと思っています」と彼女は言いました。

「私が非常に心配しているのは、社会の現実において、私たちはそのような根本的な解決策を強く支持しているということです」と彼女は言いました。 “それは怖い。”

早川氏は、彼女の映画は一生に一度の危機に対処するための解決策を提供するものではないと述べた。 「しかし、私たちが今日どこにいるのかを正直に評価することは、確かに大きな一歩になるでしょう」と彼女は言いました。

READ  今年の2022年のパウエルストリートフェスティバルはいつですか?