Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ガザでの戦闘再開が岸田首相の中東訪問に影を落とす

ガザでの戦闘再開が岸田首相の中東訪問に影を落とす

内閣広報室提供
金曜日、ドバイでイスラエルのアイザック・ヘルツォーク大統領と握手する岸田文雄首相(右)。

ドバイ – 岸田文雄首相の中東における外交努力は、土曜日にドバイで地域の国家指導者らと一連の会談を行った後、終了した。

岸田氏はガザ地区の情勢沈静化を目指して自身の存在感を示そうとしたが、首長国滞在中に予想外に同地域での戦闘が再開した。

首相は政権の支持率低下を逆転させる勢いを生み出すことができなかった。

岸田氏は同日記者団に「依然として予断を許さない状況だが、外交努力を続けていきたい」と語った。

首相は、イスラエルやカタールを含む「地域の主要人物」と会談したことを強調し、G7議長としての役割において中東の平和と安定のために努力する日本の意向を表明した。

中東の指導者としては岸田氏が初めてイスラエルのアイザック・ヘルツォーク大統領と会談した。 岸田氏は金曜の会談で、できるだけ早く状況を沈静化させる努力の重要性を強調した。

しかしヘルツォーク氏は、状況は脆弱になっていると述べ、戦闘停止延長を目指すイスラム過激派ハマスとの交渉が行き詰まりを示唆した。

会談直後、イスラエル軍は戦闘再開を発表した。

政府関係者は「タイミングは非常に悪い」と語った。

岸田氏は、停戦仲介したカタールやエジプトなど地域諸国の首脳と会談し、戦闘再開への遺憾の意を繰り返し表明せざるを得なかった。

バランスを達成する

原油輸入の約9割を中東に依存する日本は、イスラエル、パレスチナ、アラブ諸国と良好な関係を維持している。 しかし、ガザ情勢をきっかけにイスラエルと同盟を結ぶ日本と米国との間で見解の相違が生じ、日本政府は難しい決断を迫られた。

これを踏まえ、日本政府は岸田氏が今回の訪問で会談する首脳を慎重に選定した。 政府はイスラエル、エジプト、ヨルダンなどの近隣諸国に加え、ハマスを支援するイラン大統領との電話会談も手配した。

政府高官は「日本のエネルギー事情を踏まえると、国の立場を明確にするべきではない」と語った。 「可能な限りバランスを取るように努めました。」

日本には課題が待ち受けている

岸田氏は帰国後、さらなる課題に直面することになる。 同氏の最大の懸念は、自民党5派閥による政治資金収入の過少申告問題だ。

故安倍晋三首相がかつて率い、「安倍派」として知られる自民党最大派閥は、組織的に不法資金を蓄積していた疑いの対象となっている。 岸田内閣の主要メンバーである松野博一官房長官と西村康稔経済産業大臣は派閥の中心的な役割を果たした。 しかし、どちらも基金の申し立てには触れなかった。

政府・与党内では、基金の発行が岸田政権に大きな打撃となるのではないかとの懸念が高まっている。

岸田氏は土曜日、記者団に対し「各政治団体の状況を知る者は状況を明らかにすべきだ」と語った。

READ  日本の政府関係者と企業が復興協議に先立ってウクライナを訪問