Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ガザでの新たな戦闘で約200人が死亡したと報告されている

ガザでの新たな戦闘で約200人が死亡したと報告されている

イスラエルがハマスに対する軍事作戦を再開してから2日目となる土曜日も、ガザ地区への激しい砲撃が続いた。 ガザ保健当局は、2日間で計200人が死亡、589人が負傷したと発表した。

イスラエル軍は金曜日の作戦再開以来、400以上の目標を攻撃したと発表した。

彼女は、戦闘機がガザ地区南部のカーンユニス市で50以上の目標を爆撃したと付け加えた。

市内からの写真には、甚大な被害を受けた住宅建物と病院に搬送される負傷者が写っている。

イスラエルは攻撃対象地域の住民に対し、飛び地が小さな地域に分かれていることを示す地図上で指定された別の場所に移動するよう通知した。

ハーンユニスの東では住民にラファへ南に移動するよう求めるチラシが投下された。 しかし、彼らの多くはすでにガザ北部から避難しており、ラファ自体も攻撃にさらされている。

アルジャジーラは、北部ジャバリア市への空爆で100人が死亡したと報じた。

イスラエル軍は、校舎の地下数十メートルの深さでトンネルを発見し、そこで「テロリスト」を無力化したと発表した。

ハマスはガザ市郊外で少なくともイスラエル兵1人を殺害し、断続的にイスラエルにロケット弾を発射していると発表した。

イスラエル首相府は土曜日、ハマスとの交渉を仲介するカタールの交渉チームを招集したと発表した。

戦闘再開以来、ガザへの援助物資の輸送は停止している。 しかしパレスチナ赤新月社は土曜日、食糧、水、医薬品、その他の物資を積んだトラック100台がラファ国境を通ってガザに入ったと発表した。

READ  日本の借金の夢から覚める