Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ガザ住民が南に集結する中、イスラエルは「大規模な」地上作戦の準備を進めている

ガザ住民が南に集結する中、イスラエルは「大規模な」地上作戦の準備を進めている

イスラエルは土曜夜、ハマスのイスラエル攻撃を受けて予想されるガザへの大規模地上侵攻に先立ち、軍が「広範な作戦攻撃計画」の実施を準備していると発表した。

イスラエル軍は、兵士が「全国」に配備されており、「重要な地上作戦に重点を置き、戦争の次の段階に向けた作戦準備」を強化するために取り組んでいると述べた。

ハマスが先週壊滅的な攻撃を開始して以来、イスラエル軍はガザ地区を爆撃し続けている。 イスラエルがガザ人口のほぼ半数に当たる110万人の民間人にガザ市を含む飛び地の人口密集地帯北部からの退去を命じたことを受け、ここ数日、数十万人のパレスチナ人が家を追われた。

イスラエル軍のダニエル・ハガリ報道官は記者団との記者会見で、「われわれがガザ市を攻撃しているのは、そこがハマスの支配とテロ軍事能力の中心地だからであり、非常に厳しく攻撃しなければならない」と述べた。

イスラエル軍は、同軍が「戦闘地域の拡大」に向けて準備を進めており、準備中の作戦には「空、海、陸からの共同攻撃が含まれる可能性がある」と付け加えた。

この発表は、イスラエルが一部の出国を許可すると外交官に伝えた後、土曜初めに米国の二重国籍を持つパレスチナ人やその他の外国人パスポート保持者がラファ国境検問所を経由してガザからエジプトに入国できるようにする取り組みに続いて行われた。

しかし、この事件を担当する外交官4人によると、誰も出国を許されなかったという。 ある当局者は、国境が開かれていない理由について矛盾した報告を交わしながら車列が「行ったり来たり」していると述べた。

アメリカ当局者は、アメリカの二重国籍を持つパレスチナ人にラファ交差点に行くよう奨励しているが、状況は変わり続けていると語った。

あるアラブ外交官は、バイデン政権がカタールに対し、アメリカ国籍を持つパレスチナ人のガザ地区からの退去を妨げないようハマスを説得するよう求め、イスラム運動側もこれに同意したと述べた。 同当局者は、米国はエジプト側にラファ国境を開いて通過を許可するよう求めたが、「エジプト側は米国側に国境を開放することにまだ同意していない」と述べた。

ラファ交差点は、イスラエルが管理していないガザ地区の唯一の出口であり、ハマスの暴力的なガザ地区占拠に応じてイスラエルが2007年に封鎖して以来、大部分が閉鎖されたままで、ガザ地区内に閉じ込められた230万人のパレスチナ人に出口はない。

カイロは長年、イスラエルがガザ問題をエジプトに移そうとしているのではないかと懸念していた。

インターナショナル・クライシス・グループのアナリスト、マイケル・ワヒド・ハンナ氏は、エジプトは「人道支援物資の受け入れに国境を開放する合意がない限り、米国国民やその他の外国人に安全な通路を提供することには同意しないだろう」と述べた。

協議に詳しい関係筋は、カタールと米国はハマスに拘束されている民間人人質の解放に関する最終合意に向けて個別に取り組んでいると述べた。

パレスチナ人は国連運営の学校に避難
パレスチナ人は国連運営の学校に避難 ©モハメド・アベド/AFP/ゲッティイメージズ

同関係者は、この合意により、ハマスが安全に人質を解放し、ガザ地区に人道支援物資を安全に届けることを可能にするために、イスラエルがガザ爆撃を停止することが求められると付け加えた。

会談に詳しい関係者は「昨日は前向きな会談が行われ、ハマスは民間人人質を解放する用意があるようだが、ハマスは爆撃が続いている間は解放できないと言っている」と語った。 「捕虜を安全に解放するために、イスラエル人にガザ爆撃を短期間中止するよう求めている。」

アンソニー・ブリンケン米国務長官は金曜日、地域歴訪の一環としてカタール首相と会談した。 カタールは米国の同盟国であり、ハマスの政治事務所も置いている。

イスラエル軍は、ハマス侵攻中に捕らえられた人質120人をイスラエルが特定したと発表した。

イスラエル当局は、ハマスがイスラエル南部への攻撃で少なくとも1300人のイスラエル人(大半が民間人)を殺害したと発表した。 パレスチナ保健当局は、イスラエルが爆撃を開始して以来、ガザ地区で少なくとも2515人(うち1182人は女性と子供)が殺害されたと発表した。

米国務省は土曜夜、米国民29人が死亡、15人が行方不明になったと発表した。

イスラエル空爆後、ガザ市で火の玉が噴火 ©AFP、ゲッティイメージズ経由

イスラエルがガザ北部のパレスチナ人に対し南へ移動するよう発令した警告は、ガザ地区の人道危機を悪化させ、アラブ諸国と国連から非難された。

欧州連合のトップ外交官は土曜日、イスラエルは国際法を尊重する必要があると述べた。

ジョセップ・ボレル氏は北京訪問中に「実現は絶対に不可能だ」と語った。

イスラエル軍は期限について話し合うことを拒否したが、民間人はできるだけ早く撤退するよう繰り返し要求した。 「我々の指示に従い、南に移動してください」とIDFスポークスマンのリチャード・ヘクト中佐は語った。

ヨルダンのアイマン・サファディ外相は、戦争が「激化している」間にパレスチナ人にガザ北部からの退去を命じたイスラエルの命令は「国際法、国際人道法、戦争法への明らかな違反」であると述べた。

同氏は、イスラエルの攻撃は「200万人以上のパレスチナ人に対する集団的懲罰」を意味する人道的大惨事を引き起こしており、「地域全体を奈落の底に突き落としている」と付け加えた。

イスラエルはガザ地区から食料、真水、電気を遮断した。 国連は、水の供給が著しく不足しており、人々は汽水の摂取を余儀なくされており、病気の蔓延の懸念が高まっていると述べた。

ガザ市で自宅が破壊され、国連運営の学校に避難したモナ・ハナフィさん(55)は「死はこの世の生よりも良い」と語った。 「トイレもほとんどなく、水もありません。昨日からビスケットしか食べていません。スーパーに行っても何も見つかりませんでした。」

イスラエル軍報道官ジョナサン・コンリクス氏は、イスラエルはガザ地区最大の都市でハマスの政治・軍事機構の中心地であるガザ市で「軍事作戦を強化する」つもりだと述べた。

ホワイトハウスによると、ジョー・バイデン米国大統領は土曜日、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相に対し、米国は「無実の民間人が水、食料、医療に確実にアクセスできるよう」他国と協力していると述べた。

さらに彼女は、ロイド・オースティン米国防長官がイスラエルのヨアブ・ギャラント国防長官に対し、「イスラエルが治安回復作戦を継続する一方で、民間人保護の義務を含む戦争法を遵守し、ガザで悪化する人道危機に対処することの重要性を強調した」と付け加えた。 」

ホワイトハウスは、バイデン氏がパレスチナ自治政府のマフムード・アッバス大統領とも会談したと発表した。

サイモン・カーによるドバイでの追加レポート

イスラエルとハマスの戦争がこれまでの主な出来事である
READ  天気 - 最新: 警告を無視すれば地球は「地獄」になる - 中国が「史上最高気温」を記録 | 世界のニュース