Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ガワーの素晴らしい景色を望むベンチの後ろの戦争の英雄

スウォンジーのラングランドベイとキャズウェルベイの間の海岸沿いの小道は、間違いなくこの地域で最も広く歩いて人気のある海岸沿いの小道です。

このルートに精通している人なら誰でも、海岸の景色が素晴らしく、ほとんど比類のないものであり、一人の男性が道路で最高の景色を望む席を持っていることを知っています。

キースベイリーは、ラングランド湾とキャスウェル湾の間の沿岸道路の座席で記念されています。 彼の息子のクライヴは、キースが日本人との戦争捕虜であり、常に帰国することを誓っていたときに、この場所を夢見ていたと言います。 彼の灰はそこに散らばっていた。

オースティンベイリー財団の創設者、キースベイリー

続きを読む: ポンティブレッドでの毎日の買い物

キース(スウォンジー地域およびそれ以降の地域で100万ポンド以上の寄付を行ってきたオースティンベイリー財団の創設者)は、ラングランドで育ちました。

1942年、彼はタイで捕虜として故郷から遠く離れていることに気づき、1945年まで悪名高いビルマ鉄道に従事していました。

泰緬鉄道は、死の鉄道としても知られ、タイのバンポンとビルマのタンビウジヤットを結ぶ258マイルの鉄道路線で、1940年から1944年にかけて日本の捕虜によって建設され、ビルマ作戦で軍隊と武器を供給しました。 第二次世界大戦。

鉄道の建設中に、東南アジアからの約90,000人の民間人労働者が、12,000人以上の連合軍捕虜とともに亡くなりました。

キースはその地域の出身でした

座席に絵を描く

SwanseaOnlineニュースレターを購読して、最も重要なニュースを受信トレイに直接受信します。

サインアップはほんの数秒で完了します。ここをクリックして、メールアドレスを入力し、指示に従ってください。

気が変わった? 送信するすべてのニュースレターの下部に「購読解除」ボタンがあります。

クライブ・ベイリーは父親の経験について次のように述べています。「第二次世界大戦での父の不幸は、まずダンケルクから追い出され、1942年に日本人に転落したときにシンガポールにたどり着きました。

それから彼は電車でタイに連れて行かれ、そこで日本人が主に強制労働によって建設していたビルマ鉄道に依存し、3年半の間捕虜収容所にいました。

「彼は健康状態が良ければ、家に帰ることに常に自信を持っていたと思います。彼はマラリアを2回経験し、日本人から負傷しましたが、捕虜収容所での経験についてはあまり話しませんでした。

「捕虜は、似たようなことを経験した他の人としか自分の経験について話し合うことができないのはかなり一般的だと思います。そこで彼はそれについて少し話しました。奇妙な抜粋があり、彼がいつも考えていたことの1つです。ラングランドポイントであり、彼が実際に行ったある時点で彼がそこに戻ってくるという事実でした。彼は家に帰り、彼の同僚の多くよりもはるかに健康と体調が良いと信じています。

「だから彼はいつも、何かひどいことが起こったとはいえ、彼の同僚の多くは非常に体調が悪いか精神的に非常に悪い状態だったので、彼は他の同僚よりも幸運だったといつも感じていたと思います。このようなものの精神的な結果を理解することはできません。

「それで、彼は自分自身をとても幸運だと思ったと思います。そのため、彼は人生の直後にある程度の経済的成功を収め、1984年に設立した財団を立ち上げたいと思っていました。私は最初から受託者でした。

「父が1990年に亡くなったとき、私は大統領になりました。」

過去30年間で、オースティンベイリー財団はスワンシー地域およびそれ以降の活動に1,200,000ポンド以上を寄付してきました。

クライブは父親が残した遺産を誇りに思っており、それを継続することに熱心です。

「それはとても重要だと思います。つまり、私は70代で、まだ働いていますが、仕事が少ないので、基本的にはもっと努力します。そして、両親のように、私は自分自身を人生で信じられないほど幸運だと思っています。非常に満足のいくものを取り戻すためにできることです。」

財団は年に3回会合を開き、スウォンジーと海外の両方の慈善団体に助成金を提供しています。

1995年、クライヴはカルカッタのYMCAを訪れ、財団が支援するプロジェクトについて詳しく学びました。 マザーテレサはYMCAに招待され、クライヴは幸運にも彼女に会うことができました。

クライブベイリー、1995年カルカッタのマザーテレサとオースティンベイリー財団の会長

それ以来、ABFはパンデミックの間も世界中の慈善団体を支援し続けてきました。

クライブ氏は次のように述べています。「通常、各会議で5万ポンドのようなものを提供します。その3分の2はスウォンジーでの問題で、約3分の1は外部の問題です。

「私は海外で多くの生活と仕事をしてきたので、外の面倒を見る傾向があり、地元の奨学金の面倒を見るスウォンジーの評議員を務めてきました。

「私の父は、彼の遺産がこのように続くのを見て喜んでいると思います。」

オースティンベイリー財団の活動についてもっと知る ここ。

ニュースレターでスウォンジーのストーリーを受信トレイに直接届けましょう。

READ  このコラボレーションは、認知症の知識を増やすことを目的としています