Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

キャットノミクス:日本における猫の経済効果は2024年に160億ドルに達すると予想される

キャットノミクス:日本における猫の経済効果は2024年に160億ドルに達すると予想される





猫の駅長ニタマ君=和歌山県紀の川市の貴志駅で2023年2月1日、橋本良太撮影

東京 — エコノミストによると、ペットの飼育費や猫関連商品の販売費を含め、日本における猫の経済的影響は2024年に2兆4,900億円(約166億ドル)以上に達すると予想されている。

関西大学名誉教授の宮本勝弘氏は、日本の「猫の日」である2月22日より前に「猫科学」の数を推定した。なぜなら、日本語の「2・2・2」という日付が猫の日と似ているからである。 「にゃにゃにゃ。」(ニャーニャーニャー)という言葉。

宮本氏はまず、2022年以前からペットとして飼われている猫の頭数(約870万匹)に、キャットフードなどを含む家庭猫の飼育費用(年間12万2052円)を乗じて、総額約1兆600億円と算出した( 70億5,000万ドル)。

さらに、2023年に新たに飼い始めた猫の数(約36万9,000匹)に、購入・飼育費用(猫1匹あたり年間24万2,052円)を乗じて、約893億2,000万円(5億9,400万ドル)と見積もった。





猫の駅長ニタマさん=和歌山県紀の川市の貴志駅で2019年1月22日撮影、後藤尚撮影

宮本氏は、猫カフェや猫の写真集などの関連商品への消費支出は約15億円(998万ドル)に達すると試算した。 キャットフードメーカーや関連企業の売上高や給与の増加も考慮し、総額は2兆4900億円に達すると試算した。 「日本経済に対する猫の貢献は非常に大きいです」と宮本氏は結論づけた。

2023年9月、日本のプロ野球チーム・阪神タイガースのファンであることを認めた宮本氏は、阪神タイガースが18年ぶりにセ・リーグ優勝した場合の経済効果は872億円(5億8000万ドル)に達すると試算した。 )。 。 今回のキャッツの経済効果は、タイガースがリーグ優勝した場合の効果の29倍と推定されている。

【安藤達郎】

READ  日本の産業大臣は、日本はサハリンのプロジェクトへの出資を維持するつもりであると述べた