Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

キヤノンは、米国特許ランキングで3位、日本企業で1位であり、36年連続でトップ5にランクインしています。

東京、2022年1月11日-キヤノン株式会社最新の予備特許結果ランキングによると、2021年に付与された米国特許の数で3位にランクされ、36年連続でトップ5にランクインした世界で唯一の企業になりました。 IFICLAIMSパテントサービスによって発行されました。 また、キヤノンは再び日本企業の中で1位にランクされました。

キヤノンは事業のグローバル化を積極的に推進し、海外での特許取得を重視し、各国独自の事業戦略、技術、製品動向を踏まえながら、中核国や地域の特許に続く特許戦略を厳守しています。 これらの中で、多くのハイテク企業と大きな市場範囲を持つ米国は、事業拡大と技術提携の観点から特に重要な地域です。

米国特許分類Canon2005-2021

全般的 包括的
分類
間のランク
日本企業
特許数
2021年 3位 最初 3,022
2020 3位 最初 3225
2019年 3位 最初 3,548
2018年 3位 最初 3,051
2017年 3位 最初 3284
2016年 3位 最初 3,662
2015年 3位 最初 4127
2014年 3位 最初 4048
2013年 3位 最初 3820
2012年 3位 最初 3,173
2011 3位 最初 2,818
2010年 第4 最初 2,551
2009年 第4 最初 2200
2008年 3位 最初 2,107
2007年 3位 最初 1,983
2006年 3位 最初 2,368
2005年 二番目 最初 1,829
  • 注目すべき:2021年の特許数は、IFICLAIMS特許サービスによって発表された数値に基づいています。 2005年から2020年までの数値は、米国特許商標庁が発表した情報に基づいています。

キヤノンは、商業印刷、ネットワークカメラ、医療・産業機器の4つの新規事業で飛躍することを目指しています。 さらに、同社は次世代イメージング、次世代ヘルスケア、インテリジェントモビリティの分野で新しいビジネスを創出しています。 キヤノンは、時代に合わせて、事業を支えるコアコンピタンス技術だけでなく、これらの新事業の発展と成長を促進するために、強力な特許を維持するために使用する知的財産権の取得と利用を奨励しています。ファイル。

今後もキヤノンは、事業を支援し、付加価値のある製品やサービスを提供し、より良い社会に貢献することを目的に、知的財産の取り組みを継続していきます。

READ  日本はG20会合に出席し、ロシア財務大臣についてコメントしなかった