Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

キューバの教育映画フォーラムで日本と宮崎駿

キューバの教育映画フォーラムで日本と宮崎駿

同紙によると、「宮崎駿との10年」イベントは5月7日から10日までキューバ映画芸術産業研究所(ICAIC)のアニメーションスタジオで開催され、問題の監督に関する4話構成のドキュメンタリーが上映される予定だという。日本の代理店。 ハバナの大使館。

宮崎氏は国際的に有名な日本のアニメーション映画製作者、イラストレーター、起業家、アニメーションプロデューサーであり、50年にわたるキャリアを持っています。

彼は、日本アニメーションの父として知られる高畑勲とともに、このジャンルの映画を専門とするスタジオジブリを設立しました。

ベテラン監督は 2024 年、83 歳にして歴史的なオスカー賞の最優秀アニメーション映画部門の映画『ザ・ボーイ・アンド・ザ・サギ』を受賞した。

日本はまた、MICEの初日にハバナのパピヨン・キューバでマリオ・マスヴィダル教授によるアニメに関する講演を行う予定だ。

議題には2017年映画『シャボン玉』の上映も含まれており、ハバナのマルチシネ・インファンタで現地時間5月11日午後5時、現地時間5月12日午後2時に上映される。 ニュー・ラテン・アメリカン・シネマ財団にて。

第 4 回国際教育映画展はキューバで運営されている 190 の映画館すべてを対象とし、そのプログラムは最も重要な地域文化センターとしての学校に基づいています。

多くの提案の中には、子供、青少年、若者が作成した資料の展示、視聴覚トレーニングのワークショップ、マスタークラスなどが含まれます。

jg/rgh/dla

READ  怒りを振り返る:ABCの90歳の誕生日のアーキビストが解雇されたことに怒っているスタッフ| アマンダミード