Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

キングスカップのライブストリームは、東南アジアでのイレブンの強化されたサービスの一部です

  • Elevenは、アジア太平洋地域全体で2,000時間以上のスポーツの生中継を放送する予定です。
  • 日本の卓球、マレーシアのセパタクローリーグ、インターナショナルクリケットがライブショーに追加されました

世界的なスポーツメディア企業であるElevenは、さまざまな新しい放送パートナーシップにより、ライブストリーミングサービスを東南アジアに拡大しました。

ニューディールでは、東南アジアの11の空で2,000時間以上のスポーツの生中継が行われます。 イレブンは11月にタイと香港でストリーミングプラットフォームを立ち上げた後、2022年1月にマレーシア、インドネシア、シンガポール、ブルネイダルサラーム、フィリピンに拡大しました。

間違いなくイレブンによる最も目を引く新しい買収は、スペインの国内カップ大会であるコパデルレイですが、日本のT1卓球リーグやマレーシアのセパタクローリーグ(STL)などの国内で魅力的な物件の取引も行っています。

ライブデルレイカップの報道は、タイ、シンガポール、香港、インドネシア、フィリピンで利用可能になります。 STLの報道は、イレブンが4年間の権利契約に署名した後、同じ国でも放送されます。

上記の国に加えて、T1卓球はマレーシアのイレブンとブルネイダルサラームによって提供されます。

イレブンはまた、地域のクリケットの権利に関する一連の地域取引に合意しました。これは、インド、南アフリカ、オーストラリア、イングランド、バングラデシュ、ニュージーランド、西インド諸島、および西インド諸島で構成される国際的な21日間の空中テストです。アイルランド以降

イレブンは、その地域放送プラットフォームは、2022年を通して19のヨーロッパのバドミントンイベントのライブ報道も提供すると述べた。

10月、イレブンは2024年末まで、アジアサッカー連盟(AFC)のすべての試合の領土権を奪いました。この契約は、インドネシアを除く東南アジアと香港のすべてのイレブンサービスを対象としています。

現在、11のコンテンツすべてに無料でアクセスできますが、メディア会社は、1月末のFIFAワールドカップ予選の報道開始に合わせて「競争力のある価格」のサブスクリプションオファーを開始すると発表しました。

リーズ・ユナイテッドのオーナーであるアンドレア・ラドリツィアーニによって設立されたイレブンは、東南アジアと香港の市場にストリーミングアプローチを採用しています。 ただし、Elevenは、近い将来、地元の回線事業者とのパートナーシップを模索することを確認しています。

シンガポールとクアラルンプールにあるイレブンの地域事務所が監督するアジアの製品は、各市場に合わせて調整され、コア地域にローカルチームが設置されます。 11社が所有するTeamWhistleは、ローカルプレゼンテーションを通じて特定の地域に出力を適応させることに加えて、若いアジアの視聴者向けにカスタマイズされたコンテンツも制作します。

イレブングループのアジアパシフィックマネージングディレクターであるニックウィルキンソンは、次のように述べています。

「これまで交渉してきたパートナーシップは、この使命を達成するための正しい軌道に乗っていることを意味します。今後数か月で権利のポートフォリオを大幅に拡大し、地域全体のファンに新しくエキサイティングな方法でサービスを提供します。」

READ  アンティグアからの結果と最新の更新