Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ギリシャが前例のない熱波に見舞われ、アクロポリスは観光客保護のため閉鎖 | ギリシャ

ギリシャが前例のない熱波に見舞われ、アクロポリスは観光客保護のため閉鎖 | ギリシャ

ギリシャ人は熱についてある程度のことは知っており、熱への対処についてもある程度知っています。 しかし、先週はまったく異なる暑さが見られました。

この気温の高さは、ヨーロッパで初めて地球温暖化の課題に対処することだけに専念する役人を任命したことを自負するこの国において、前例のない措置を要求するほどだった。

そのため、訪問者を太陽から「守る」という名目で、アクロポリスは金曜日の正午に閉鎖された。 他にも大胆かつ前例のない措置が講じられるだろう。 ギリシャ赤十字社からのボランティアが出向して無料のボトル入り飲料水を配布し、救助隊員が現場に派遣され、黄金時代の寺院の正面玄関には日よけが設置されました。 この日は「非常に困難な」日だったため、メディアが外国人に情報を提供できることが期待されていた。

一年で最も暑い日となる日は、水銀の気温がシンタグマ広場で摂氏 45 度 (華氏 113 度) に達し、アクロポリスがそびえ立つ岩の露出部ではおそらく摂氏 48 度 (華氏 118 度) に達するでしょう。ギリシャで最も訪問者の多い記念碑の麓にある戦争の足跡は、間もなく「ハード」のようになるでしょう。

正午までに、赤十字への寄付の結果、30,000 本の水ボトルが配布されました。 倒れたり気を失ったりした男性、女性、子供は野外テントで応急処置を受けた。 紀元前 5 世紀の驚異のこの時代には、約 11,000 人の訪問者が申し込みをしました。多くの場合、目に見えない敵とみなされる気温から逃れるために「より速く移動する」よう促すガイドが同行しました。

現場への門が閉まる夕方8時までに、その2倍の人数が過酷な登山のために登頂した。 金曜日に参加した人の中には、2人の10代の子供たちと夫のスティーブさんを連れたアナリー・ケンプさんの姿もあった。ケンプさんは順番待ちリストを見て動揺し、家族が滞在するよう「強く」勧める前に家を出ようとしていた。

「まだ7月中旬だし、8月が来ると思うよ」と53歳の英国人は、苦労の登頂を終えて明らかに顔を赤らめて言った。 「私たちはそこでイワシのように押しつぶされたこともありましたが、それは一生に一度の経験です。

「私たちは今、古代遺跡のないニュージーランドに住んでいます。だから暑さを我慢していましたが、こんなに暑かったのは初めてでした。ぜひこれを書いてください。私はほてりを感じたことはありません。 」

気温が摂氏45度まで上昇する中、アテネのシンタグマ広場の噴水で涼もうとする人々。 写真:アナドルエージェンシー/ゲッティイメージズ

ギリシャのような観光依存経済では、この国は明らかにリスクをとっていない。 イラクのような気温が民主主義の象徴の一つに大混乱をもたらす可能性は、記録的な数の観光客を呼び込む際にアテネ政府が採りたくないリスクであり、政策立案者らの頭の中にあるリスクの一つである。

イタリア南部の異常気温を予測するグラフィック

家族とともにヨーロッパを旅行していた米国人医師レオ・グラフスタイン氏は、「水曜日に私たちはローマにいて、気温は厳しいものだったが、こうした対策は何も取られなかった」と語った。 「コロッセオでは、案内係も日陰が必要だと言っていました。」

しかし、ヨーロッパ最南端の首都が猛暑の被害に対処するために既成概念にとらわれずに考えている一方で、ギリシャの科学者たちは人命の損失を避けるための意識と備えを高めるために熱波に名前を付け、分類しているが、終わりのない戦いが目の前にある。 そして、ギリシャ国立気象局は、暑さの強さは今日から弱まる見通しだが、木曜からは再び気温が上昇し始め、国のほとんどの地域で新たな熱波が感じられるだろうと発表した。

アクロポリスでは、人類と都市環境がほとんどの人が想像しなかったスピードで加速する気温に適応しようとするため、将来が困難を伴うことがこれまで以上に明らかになり、気候緊急事態の現実が完全に明らかになりました。

ギリシャ文化省は金曜午後9時までに、「石や大理石が熱を吸収しすぎたため」、金曜前のこの時点で古代聖域を土曜に閉鎖すると発表した。

屋根裏部屋の空にオレンジがかった赤い球状の太陽が沈むと、気象関係者が気温が最大 2.5 ℃上昇すると予測する 2050 年のことを考えずにはいられませんでした。

古代人たちが退却しようとしていた熱の強さに光が震えた一日のあと、それは色の閃光であり、未来の前触れだった。 美しい夕日は、早急に行動を起こさなければ、危険を予感させるものです。

READ  フランスでの爆発:爆発と火災で死亡した少なくとも7人の幼児| 世界のニュース