Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

クラウドのコストが予測よりも前倒しされ、日本のビジネスムードが悪化

  • 大手メーカー指数プラス8対f’cast+11
  • 主要な非製造業指数はプラス 14 対 f’cast +13
  • 世界的な景気減速が輸出依存経済の見通しを鈍らせている

東京(ロイター)-中央銀行の調査によると、日本の製造業者のビジネスムードは9月までの3か月で悪化し、企業のインフレ期待は過去最高に達しました。原材料コストの上昇が脆弱な経済の見通しに影を落としています。

日銀の短観によると、今年度の企業の設備投資計画は、円安が輸出を後押ししたこともあり、引き続き堅調に推移している。

しかし、世界経済の減速に対する懸念は、コロナウイルスのパンデミックから抜け出したばかりの輸出依存型経済の見通しに影を落としています。

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

農林中央金庫のチーフエコノミストである南毅氏は、世界経済の減速が商品価格の下落を通じて素材部門に影響を与えたため、主要メーカーのセンチメントは驚くほど弱かった.

「世界経済がさらに減速すれば、他のセクターでもセンチメントが悪化する可能性がある」と述べた。

短観によると、大手製造業の先行指数は6月のプラス9から9月はプラス8まで悪化し、平均的な市場予想のプラス11を下回り、3四半期連続で悪化した。

非製造業指数は 9 月にプラス 14 で落ち着き、6 月のプラス 13 からわずかに上昇し、2 四半期連続の改善を示した。 平均的な市場の予想と比較して、13 に追加されました。

調査によると、主要な製造業者は 3 か月前に景気が改善すると予想していましたが、非製造業者の士気は悪化していました。

希望のかすかな希望として、主要企業は、前年度の2.3%の減少の後、2023年3月に終了する今年度の設備投資が21.5%増加すると予想している、と短観は述べた。

この調査はまた、企業がインフレ率が今後数年間、日銀の目標である 2% 近くにとどまると予想していることを示しており、超低金利を維持するという日銀の公約に疑問を投げかける可能性のあるインフレ圧力が高まっていることを強調しています。

短観は、インフレ率が今後 2.6% に達し、今後 3 年間で 2.1% に達すると企業が予想していることを示しました。 彼らは、今後 5 年間のインフレ率が 2.0% になると予想しています。これは、比較可能なデータが入手可能になった 2014 年以来の最高水準です。

日本経済は、COVID-19 制限の解除が消費を押し上げたため、第 2 四半期に年率 3.5% で拡大しました。 しかし、多くのアナリストは、世界的な需要の減速と原材料価格の上昇が輸出と消費に重くのしかかっているため、第3四半期の成長率は鈍化すると予想しています。

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

木原梨花、梶本哲史による追加レポート。 サム・ホームズによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本政府は、経済が年末までにCOVID以前のレベルに戻ると予想しています。