Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

クラウドファンディングキャンペーン成功後、ジャパンゲーミングソックスが「ゲーミングレインボー」を受賞

ニュース

さまざまな種類のゲーミングエナジードリンクの市場はここ数年で溢れていますが、「ゲーミングの原因」は少し異なります。

過去数年間、さまざまなゲームベースのエナジードリンクが市場に溢れていますが、「ゲームの原因」は少し異なります。

それでも、それは起こります。 東京を拠点とする日本企業のSakeBottlersは、ゲームを楽しみながら楽しめるように設計された「ゲーミングレインボー」と呼ばれる2種類のボトル缶をリリースしています。

以前はGuyNeoGeo、Sega、Yakuzaなどのゲームブランドに専念してきましたが、このコンセプトは少し異なります。

各ボトルには、カンマ県のスチダブリューワーが醸造した180mlの小袋が入っており、ゲームにぴったりの味わいと「ビッグベンドパンチ」(ストリートファイターでの昇りゆげんの表現)が入っています。

各ボトルには、有名なアーティスト、特にストリートファイターの名声である西村キヌとミカピカソがデザインしたチャートが飾られています。

ボトル4本入りパッケージは7,500円(約58ドル)で、追加アイテムもあります。

このイニシアチブはすでにある程度の成功を収めており、すでに日本人に着手しています。 ミーティング

3時間で100万円(約7682ドル)の目標を達成し、最初の4日間で2倍になりました。

現在、キャンペーンは2,634,844円で約20,240ドルで、あと24日です。

クリエイターによると、戦争関連のゲームをプレイしたり、フィット、リバイバル、または他のプレイヤーモードを待っている間、それを飲むことができます。

一方、RPGやソーシャルゲームなどのストレスのないゲームでは、リラックスして飲むことができます。

もちろん、ゲームのライブストリームをプレイしながら飲むことも楽しいですし、自分でプレイするのではありません。

土田醸造所(1890年から操業中)のおかげで、さまざまな理由からさまざまな選択肢から選ばれました。 味はこのプロジェクトに求められているものと密接に一致しており、ゲームの概念は、ゲームで一度に一歩ずつ良くなるという考えと一致しています。 その上、蒸留所の責任者はカプコンで働いていました。

以下に、ボトル、そのチャート、および関連商品を示します。

READ  2,000億ドルのコロナウイルス予算は未使用:日本監査​​役会