Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

クリスチャン・ホーナー:レッドブルのチーム代表は、疑惑のメッセージが漏洩した後、再び主張を否定

クリスチャン・ホーナー:レッドブルのチーム代表は、疑惑のメッセージが漏洩した後、再び主張を否定

  • アンドリュー・ベンソン著
  • バーレーンのF1ヘッドライター

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真にコメントして、

クリスチャン・ホーナーは、2005年にレッドブルがF1グリッドで走り始めて以来、レッドブルのためにドライブしてきた。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、一連のメッセージ流出を受けて不適切行為の疑惑を改めて否定した。

ホーナー氏は同僚に対する態度に関する内部調査を受け、水曜日に無罪放免となった。

木曜日、ホーナーに関連するとされるメッセージへのリンクを含む匿名の電子メールがF1スタッフとメディアに送信された。

「匿名の憶測にはコメントしない」とホーナー氏は語った。

「しかし、繰り返しますが、私はこれらの告発を常に否定してきました。」

この電子メールには、スポーツ関係者 149 人に送信された一連のメッセージがリンクされていました。

「私は独立した調査の誠実さを尊重し、あらゆる段階で全面的に協力した」とホーナー氏は声明で付け加えた。

「独立した専門弁護士による徹底した公正な調査により、告訴は棄却された。私は引き続きシーズン開幕に向けて全力で集中する」

F1チームの親会社であるレッドブルの広報担当者は木曜日、「これはホーナー氏と別の人物との間のプライベートな問題であり、レッドブルがこの件についてコメントするのは不適切だ」と述べた。

レッドブルGmbHは内部調査に関するいかなる情報も開示することを拒否した。

水曜日の声明では、「レッドブルは、調査が公正、厳格、公平であったと確信している。

「調査報告書は機密であり、調査に協力した当事者および第三者の機密情報が含まれているため、関係者全員を尊重してこれ以上コメントすることはありません。レッドブルは、最高の職場基準を満たすよう引き続き努力していきます」 」 」

バーレーンGP開催中の木曜日、メルセデスとマクラーレンのプリンシパルであるトト・ヴォルフとザック・ブラウンはレッドブルに対し、調査における透明性を高めるよう求めた。

これらの書簡はFIA理事会の注意を引き、F1経営陣とこの問題について話し合っている。

READ  東京2020:一部の英国オリンピック選手は「ワクチンを望まない」-BOAのアンディアンソン社長