Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

クリミア半島でロシア機が海に転落、火の玉となって爆発

クリミア半島でロシア機が海に転落、火の玉となって爆発

クリミア知事は木曜日、ロシアの戦闘機がクリミア半島のセヴァストポリ港沖で海に墜落したと発表した。

ソーシャルメディアプラットフォームのテレグラムに投稿された映像には、黒海に向かって空を飛ぶSu-35が炎に包まれる様子が映っている。

飛行機は少なくとも 15 秒間降下し、水面に衝突して火の玉となって爆発します。 火災が収まった後、墜落現場から煙が上がった。

ロシアがこの地域の知事に任命したミハイル・ラズボザエフ氏は、パイロットは無事飛行機から降り、海岸から少し離れたところで救助隊によって回収されたと述べた。

同氏は、この事件では民間の物品は損傷していないと付け加えた。 パイロットが戦闘機の制御を失った原因は不明だ。

著名な親ロシア軍事ブロガーのリバー氏は、事件は前線から「かなり離れた場所」で起きたと指摘した。

「したがって、この事件は技術的な故障か、あるいは別の『フレンドリー・ファイア』のエピソードによるものである可能性が高い」と彼らはテレグラム・アプリへの投稿で付け加えた。

ウクライナ内務大臣の元顧問アントン・ゲラシチェンコ氏は、同機はロシアの防空部隊によって撃墜された可能性があると示唆した。 ただし、これが事実であるという公式の確認はありません。

クリミアはキエフの主な標的である

ラズボザエフ氏はソーシャルメディアプラットフォームへの投稿で、「軍用機が海に落ちた…民間の物品は損傷しなかった」と書いた。

同氏はさらに、「パイロットは海岸から200メートルの距離でセヴァストポリ救助隊の救助隊員によって回収された」と述べた。 「彼の命は危険にさらされていません。」

ロシアとキエフは、2022年2月にウクライナ全土に侵攻する8年前にロシアが隣国から併合したクリミア半島をめぐって繰り返し衝突してきた。

キエフは半島の奪還を軍事作戦の主要目標の一つとし、無人機とミサイル攻撃を通じてロシアの黒海艦隊の大部分をセヴァストポリから撤退させた。

7月にはロシアのSu-25がパイロットが訓練飛行中にクラスノダール地方南西部のアゾフ海に墜落した。

パイロットは飛行機から降りることはできたが、海に着水し、救急隊によって地元の病院に搬送されたものの数時間後に死亡した。

ロシア南部軍管区当局者は、この事故はエンジンの故障が原因である可能性があると示唆した。

READ  ロシアのウクライナ侵攻に備えて、米国はヨーロッパの同盟国に警告する