Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

クリーンな未来の確保:日本が産業から炭素を削減する方法

グリーンジャパンのこのエピソードでは、炭素を回収してリサイクルし、ゼロカーボンコンクリートを作成するための最新のイノベーションに焦点を当てます。

二酸化炭素は地球温暖化の主な原因です。 日本は、苫小牧港の西側でCO2を回収して貯蔵できることを示しています。 専門家は、苫小牧CCS実施プロジェクトセンターで実施された技術は、日本および世界でネットゼロ排出を達成するために重要であると信じています。

「CCSは二酸化炭素回収貯留の略です。 これは、産業活動から地下のCO2を回収して貯蔵することにより、地球温暖化を防ぐことを目的とした技術です」と日本CCSの中島敏明社長は説明します。

CO2は、富駒CCSセンター近くの出光興産北海道製油所のガス供給施設です。 二酸化炭素はガス管を通って捕獲施設に送られます。

CCSの山岸和幸がその過程を説明します。

「1時間あたり最大25トンのCO2を取得します。これは、1日あたり600トンに相当します。私たちの目標は年間10万トンを処理することです。2年前に30万トンの注入に達しました。

CO2含有ガスが実証プラントに到着すると、CO2はガスから分離され、主要なCCS施設の一部である3つのタワー内で化学吸収によって捕捉されます。 CO2を貯蔵する必要があります。

「回収されたCO2は、一定量の圧力が加えられた後、この井戸の入口に送られます。 このパイプラインを通じて、CO2は海底の地層に送られます」と粕雪氏は語った。

プロジェクトの2つの圧入井は、海岸から海面下の貯水池まで掘削されました。 深さ1,000〜1,200メートルの砂岩層をターゲットにしています。 もう1つは、2,400〜3,000メートルの深さで火山に到達しました。

日本は、この技術が実施段階に達した後、地球温暖化の影響を緩和するための重要なアプローチになることを望んでいます。

「国際エネルギー機関は、CCSシステムがネットゼロに達すると、年間70億トン以上のCO2を貯蔵できると見積もっています。 これにより、化石燃料をよりクリーンに使用したり、大気から直接CO2を回収して地下に貯蔵したりできるようになります」と、日本CCS調査責任者の中島敏明氏は述べています。

カーボンネガティブコンクリート

CO2は大気中に放出されて地上に貯蔵される前に回収されますが、日本はCO2を使用してCO2-SUICOMと呼ばれるカーボンネガティブコンクリートを製造する方法も見つけました。

「通常のコンクリートは、製造時に1立方メートルあたり約288 kgのCO2を排出しますが、CO2-SUICOMはマイナス18 kgに達しました」と、風間技術研究所のコンクリート建設資材グループの渡辺健三所長は述べています。

カーボンネガティブであるだけでなく、養生過程でCO2を吸収できる世界初のコンクリートです。

これを行うための鍵は、化学副産物である特殊な物質を追加することです。これにより、コンクリートがCO2にさらされます。

「CO2-SUICOMの治癒過程では、水の代わりにCO2を使用しています。 CO2がまだ固化している間にコンクリートと接触すると、コンクリートは動かなくなります。 大量のCO2を固化させる「2C2S」という特殊な化合物を添加し、「マジックパウダー」と呼んでいます。 この「魔法のコンクリート」を生産すればするほど、大気から排出されるCO2は少なくなります」とケンゾーは言います。

この環境にやさしいコンクリートは、すでにあらゆる種類のインフラストラクチャや建築プロジェクトでプレキャスト材料として使用されています。 SUICOMは、壁、屋根パネル、インターロックブロックの構築にすでに使用されています。 将来的には、開発者はこの技術を幅広い建設資材に使用したいと考えています。 カーボンネガティブコンクリートは、コストインプレースアプリケーションの典型的なプレミックスコンクリートとして使用できます。 これにより、建設のための新しいグリーンな道が開かれます。

READ  日本のソフトバンクチャットがロボットペッパーの生産を停止