Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

グウィネット郡で数人が狂猫に噛まれて狂犬病の治療を受けた。 ジョージア

グウィネット郡で数人が狂猫に噛まれて狂犬病の治療を受けた。 ジョージア

ローレンスビルのサニー ヒル ロードには素晴らしい地区がいくつかありますが、そのうちの 1 つは、グウィネット郡で最近狂犬病の症例が見つかった場所でもあります。

今度はその動物が人を噛みました。

サニーヒルロード2100番付近の地域で、2人が猫を救出し、重大なトラブルに巻き込まれた。

グウィネット郡の特別作戦部長クリスティーナ・アマロ氏は、「ワクチン接種の際、彼女は獣医師の一人に噛み付き、その後、両方の飼い主を引っ掻いた」と語った。

アマロさんによると、猫が獣医にかかるのは珍しいことではないが、翌朝恐ろしい展開になったという。

「彼らは彼女を家に連れて帰りましたが、翌日猫が死んでいるのを発見しました」とアマロさんは語った。

その後すぐに、グウィネット郡動物保護局は、その猫が狂犬病に感染していることを発見しました。 どうやら獣医の診察中に見逃してしまったようです。

「注目されないのは非常に珍しいことです」と彼女は言う。

症状は通常明らかです。発作、口からの泡立ち、脱力感は最も一般的な症状の一部です。

さて、猫を獣医に連れて行った2人は、狂犬病の予防接種を受けなければなりません。

「咬傷や傷が頭に近いほど、より早く兆候や症状が現れ始めます」とアマロ氏は言う。

グウィネット郡保健局は直ちに注射を開始するよう勧告しているが、噛まれて引っ掻かれた3人の症例については明らかにしていない。

ただし、野良猫を含む野生動物への対処に関する情報は提供しました。

「ただ、人々が馴染みのない動物に触れないようにしてください」とアマロ氏は言う。

The-CNN-Wire™ & © 2023 Cable News Network, Inc. 無断複写・転載を禁じます。 、ワーナーブラザーズのディスカバリー会社。 全著作権所有。

READ  カンヌへのオリンピック旅行での日本の映画ベテラン河瀨直美