Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

グッドフェローズが早川知の「ルノワール」カンヌマーケットでの販売を監督

グッドフェローズが早川知の「ルノワール」カンヌマーケットでの販売を監督

エクスクルーシブ: グッドフェローズは日本の早川千絵監督から東京を舞台にしたドラマの国際販売権を獲得した ルノワール プロジェクトのプレゼンテーションの前に。

同作は、ディストピアドラマ『安楽死』に続く早川監督の2作目の映画となる。 プラン75』は、2022年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門で初上映され、カメラドール・コンペティション最優秀作品賞で特別賞を受賞した。

このドラマは30以上の映画祭で上映され、第95回アカデミー賞国際長編映画賞の日本部門に選ばれた。

ルノワール この映画は1987年の東京郊外を舞台に、癌を患い入退院を繰り返す父親を持つ11歳のフキちゃんの姿を描く。

母親がフキの世話とフルタイムの仕事を両立させているため、フキはひとりで放っておかれている。 豊かな想像力に目を向けると、彼女はテレパシーに魅了され、幻想の世界に深くハマっていきます。

このプロジェクトでは、早川氏と東京を拠点とするローデッド・フィルム社の水野グレイ子およびジェイソン・グレイ氏と再会する(地の果てまで、日本から10年)を生み出しました。 プラン75

フランスのプロデューサー、クリストフ・ブロンシェの『Ici et Là』(女性は泣く) とシンガポールを拠点とするプロデューサー、フラン・ボルジアがアカンガ フィルム アジアで (タイガーストライプ) ARTE France Cinema と共同プロデューサーとして参加。

他のパートナーには、日本向けの配給権を取得した日本の映画会社ハピネット・ファントム・スタジオやDongyu Clubなどが含まれる。

ユーロズームはフランスの配給権を取得した。

READ  スクウェア・エニックスホールディングス株式会社 、株式会社。 2021年3月期決算発表