Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

グランプリファイナルで三浦・木原ペアが金メダル

公開日:

トリノ (イタリア) (AFP) – 三浦陸と木原竜一は、金曜にトリノで行われたグランプリ決勝で、世界チャンピオンのアレクサ・ギニリムと米国のブランドン・フレイジャーを抑えて、ペアで日本初の金メダルを獲得した。

世界銀メダリストのジニリムとフレイザーは、パラヴェーラで行われたフリースケートの決勝で 2 位に浮上し、サラ コンティとニッコロ マシは 6 チームによる決勝で開催国のイタリアに驚きの銅メダルを獲得しました。

日本人は、30 歳の木原とのトリプル チャルコと 20 歳のミウラ ドゥループのダブルでミスを回避したが、スケート カナダでの勝利と、来年の日本選手権での NHK 杯での勝利の後、今シーズンのフォームを確認した。

木原は「今日のパフォーマンスはベストではありませんでしたが、日本チームとして初めてグランプリファイナルで優勝できたことをとてもうれしく思います。

「二人ともミスをしてしまい、申し訳ありませんでした。3月に日本で開催される世界選手権に出場することは、全体として素晴らしい経験だと思います。」

2人は3年前にチームを組み、北京五輪で日本代表として銅メダルを獲得しており、三浦選手が一堂に会したことは「奇跡」だと語った。

2014年と2018年の冬季オリンピックで高橋成美と津崎美雨と共に日本代表を務めた三浦は、「龍一との出会いは奇跡だったと思う。

「私たちのコーチと私たちを支えてくれたすべての人に会えました。すべてが奇跡だと思います。今シーズンは世界選手権が私たちの国で開催されるので、人々がそこで私たちのパフォーマンスを楽しんでくれることを願っています。」

「Atlas: Two」スケートでは、三浦と木原がトリプルツイスト、トリプルルッツ、ループを行い、フリーで136.50ポイント、全体で214.58ポイントを獲得し、アメリカのライバルを1.3ポイント上回りました.

日本の坂本花織選手が、トリノで開催された ISU フィギュア スケート グランプリ決勝でポールポジションを獲得しました。 © フィリッポ・モンテフォルテ / AFP

フレイジャーは、「サイン・オブ・ザ・タイムズ」と「ヒールド・ブロークン・ウィングス」へのソロジャンプでミスを犯し、スケートアメリカのチャンピオンが全体で213.28から135.63を獲得しました.

Macii は落ちてカナダの Deanna Stellato-Dudek と Maxime Deschamps を 4 位に押し上げましたが、イタリア人は「Cinema Paradiso」のサウンドトラックに合わせて滑った後、3 位に上がりました。

今年のグランプリシリーズに参加していない、禁止されたロシアと中国が欠席するため、チームのすべてのペアが初めて大会に参加します。

坂本が先制

世界チャンピオンの坂本花織が女子ショート プログラムで同胞の三原麻衣をリードし、ベルギーのロナ ヘンドリックスが土曜日のフリー スケート決勝に進出しました。

オリンピック銅メダリストの坂本は、ジャネット ジャクソンの曲に合わせて 75.86 ポイントを獲得し、今シーズン参加した両方のグランプリ イベントで優勝した三原は、「Merry Christmas Mr. Lawrence」に合わせて滑った後、1.28 ポイント遅れました。

世界銀メダリストのヘンドリックスが 74.24 秒で 3 位

アイスダンスでは、カナダのパイパー ジルとポール ボーラーが、リズム ダンス部門で 3 回のグランプリ準優勝者である米国のマディソン サックとエヴァン ベイツを 0.44 リードしました。

Gilles と Boyer の ChaChaCha と Rhumba の試験は 85.49 点で、Samba と Rumba のスコアは 85.93 でした。

カナダのアイス ダンサー、パイパー ジルとポール ポワリエは、トリノで開催されたフィギュア スケートの ISU グランプリ決勝でリズム ダンスの後にリードします。
カナダのアイス ダンサー、パイパー ジルとポール ポワリエは、トリノで開催されたフィギュア スケートの ISU グランプリ決勝でリズム ダンスの後にリードします。 © フィリッポ・モンテフォルテ / AFP

イタリアのシャーリーン ギニャールとマルコ ファブリは 84.55 点で 3 位で、土曜日のフリー ダンス ファイナルに進みます。

2月以降、今シーズンのオリンピックメダリストはアイスダンスに出場していません。

大会は土曜日に、日本の世界チャンピオンである宇野昌磨がチームメイトの山本創太と三浦佳央を率いて、男子フリースケーティングの決勝に進出することで締めくくられます。

READ  英国、日本は、テンペスト交渉後のウォージェットエンジンの共同開発に関する合意の最終決定に近づいています-報告